免許取り立ての初心者でもカーシェアでお得に安全運転!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

苦労して免許取得しても、定期的にクルマに乗らなければ運転感覚は鈍っていき、いつの間にやらペーパードライバーになってしまいます。 かといって、マイカーを購入するにはお金が必要で維持費も高くつきますよね。

実際にクルマを必要とせず、とりあえず免許を取得した人にとっては、ローンしてまでクルマを買う必要があるのでしょうか?

カーシェアなら取り立ての免許を経済的に活用することができます。

スポンサーリンク

カーシェアって何?

カーシェアは会員間でクルマをシェアし、短い時間単価で利用できる無人のレンタカーサービスの一種です。

時間単価はカーシェア会社により異なりますが、超ザックリで200円/15分です。
保険もガソリン代もコミコミですので、カーシェアはお得にクルマを運転することができるのです。

但し、レンタカーのように乗り捨てはできません。 予約して発車したカーシェアの駐車場(ステーション)へ必ず返却しなければなりません。 ここが皆さんよく間違う点ですのでご注意を。

大手カーシェアサービスとしては以下の4つが有名です。カッコ内が会社名です。

  • タイムズカープラス(タイムズ24)
  • カレコ・カーシェアリングクラブ(三井不動産リアルティ )
  • dカーシェア(NTTドコモ)
  • オリックスカーシェア(オリックス自動車)

カーシェア各社は似たり寄ったりのサービスではありますが、各社で料金体系などはもちろん異なります。
また、dカーシェアはオリックスカーシェアと提携しています。

カーシェアリングとレンタカーの違い!仕組みとメリット・デメリット

カーシェア各社の月額基本料金と普通車種の短時間利用料金を比較

スポンサーリンク

初心者がカーシェアで運転練習するときは…

免許取り立ての場合、通常は初心者になりますので初心者マークをつけねばなりませんが、カーシェアには初心者マークは常備されていますので購入する必要はありません。
カーシェア各社共にハッチバックやトランクの中においてあります。

もちろんカーシェアでも運転練習はできます。 ただ、マイカーと違って下記のようなちょっとしたコツが必要です。

  • 時に相性のいい運転しやすいクルマを予約する
  • 駐車しやすい場所にあるクルマを予約する(事前にステーション調査しておく)
  • ハザードランプやサイドブレーキの場所を良く確認する
  • 発車・駐車時はスタンド(ハンコみたいなやつ)を退けたり置いたりする

といった具合です。

初めてのタイムズカーシェアでペーパドライバーが運転練習するコツ♪

スポンサーリンク

免許取り立てだと入会NGのカーシェア会社

免許取得直後にカーシェア入会する場合の注意点が一つだけあります。 それは、 『運転免許取得後でも入会できるか?』 という点です。

カレコは免許取り立ての入会NG

大手カーシェアリング会社で唯一、 運転免許取得後1年未満の入会を認めていない会社はカレコ です。

運転免許取得後1年間は、カレコは入会できません。
首都圏ではカレコはステーションを多く保有するので、東京に住んでいて自宅近くにカレコがある人もいるかと思いますが カレコは運転免許取得後は1年またないと入会できないんです。

おそらく免許取り立ての運転初心者はカーシェアで事故をする確率が高く、費用対効果が悪くなるためだと思います。

スポンサーリンク

免許取り立てでも入会OKのカーシェア会社

カレコを除く大手会社3社「タイムズカープラス・dカーシェア・オリックスカーシェア」はいづれも運転免許取得直ぐでも入会できます。
では、どこがオススメなのでしょうか?

いち押しはタイムズカープラス!

免許取り立ての方には、タイムズカープラスがいち押しです。

  • 自宅近くにある確率が高い

    何はともあれ、自宅近くにカーシェアを利用できる駐車場(カーシェアステーション)がなければ話になりません。
    他社よりカーシェアの駐車場数(ステーション数)がダントツに多いタイムズカープラスなら、自宅近くにある可能性が高いです。
    自宅近くにステーションがあると、まるでマイカーのようにカーシェアを利用することができます。
    さすがに、自宅の目の前というようなことはあまりないとは思いますが、もし目の前なら超ラッキーボーイです! 神に感謝しましょう(^^;

  • 課金システムの使い勝手が良い

    タイムズカーシェアは予約時間より早く返却すると利用料金は安くなります。また、開始時刻直前のキャンセルもキャンセル料は発生しません。
    ちなみにこの仕組みはカレコも同じですが、カレコは免許取り立てでの入会はNGです。
    dカーシェア・オリックスカーシェアは 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」「予約開始1時間前を過ぎてキャンセルすると、キャンセル料(半額)が発生」という難点があります。

    カーシェアは予約時間より早く返却すると利用料金は安くなる?

  • 月額基本料をカーシェア利用料として使用できる

    タイムズカープラスは月額基本料が0円のプランがないのが弱点で、必ず月額基本料(1030円)が発生しますが、利用料金(206円/15分)に充当することができます。
    つまり、1時間15分以上(※)利用した場合は月額基本料は実質無料となります。
    ※)206円×(75分/15分)=1030円…これが月額基本料金と同じ金額

    携帯電話の無料通話分と同じイメージです。 ただし、翌月繰り越しはできません。

    カーシェア月額基本料金が利用料金割引で実質無料となる仕組み

  • 学生は月額基本料が0円

    大学生・専門学生は月額基本料金が0円で利用できます。
    つまり、入会するだけならず~っとタダです。利用するときだけ利用料金206円/15分が発生します。
    実はこれが一番のメリットではないかと思っています。
    何故かといいますと、免許取り立てとなる人口が一番多いのが学生だと思うからです。
    カレコも同じような学生割りというものがありますが、先の章でお伝えした通りカレコは免許取得後1年未満は入会できません。

    タイムズカーシェア学生プランは月額基本料金無料!会員の入会条件は?

 

このように総合力で考えるとタイムズカープラスをオススメします。

dカーシェアもおすすめ♪

dカーシェアは独自のステーションは持っておらず、提携しているオリックスカーシェアのステーションを利用します。

もし、タイムズカープラスが自宅の近所になくて、オリックスカーシェアが近くにある場合はオリックスカーシェアではなくdカーシェアへの入会をオススメします。

先ほど挙げた残念な点はありますが、基本的なカーシェアリングの機能は十分満たしています。

dカーシェアの月額基本料0円です。
つまり利用しなければずーっとタダです。
これにひきかえ、タイムズカープラスは月額基本料の利用料割当がありますが利用しなければ1030円請求されます。
dカーシェアの時間単価も15分で220円なのでさほど高くなく魅力的と言えます。

使わなければタダですから、仮に自宅近くにステーションがなくても、旅先で使用するケースなどに備えて会員だけになっておくというのもアリですよ。

スポンサーリンク

時間に追われず安全運転を心がけよう

タイムズカープラスは予約時間より早く返却したら安くなるので、慌てて返却して事故を起こさないようにしましょう。 200円が惜しくて、急いで粗い運転になりがちなので免許取り立ては特に注意しましょう。

たった200円ぽっちが命取りになっては後悔してもしきれません。
駐車場とは言え何が起こるかわかりませんからね。
急な飛び出し。特に幼児などは死角を突いて現れるので焦りは禁物です。
206円を惜しんで、殺人者にはなりたくないですよね。
マイカーに比べたらめちゃくちゃ安上がりに済んでいるので、その辺はケチケチせずにゆったり構えてカーシェアしましょう♪

dカーシェアは予約時間より早く返却しても同じなので、余裕をもって予約すればこのような焦りも生まれないのである意味メリット?
といえるかもしれませんね。
でも、カッツカツの時間設定だと「早く戻らなきゃ運転」になるのは同じです。dカーシェアやオリックスカーシェアは返却時刻は余裕をもって設定しましょう。

免許取り立てなので、初心者マークの貼り付けもお忘れなく!
初心者マークもカーシェアするクルマのトランク等にあります。

初めてのタイムズカーシェア♪備品の初心者マークで安全に運転練習!

スポンサーリンク

まとめ

免許取り立てでのカーシェア利用イメージは持てましたか?

ただ…せっかく取得した免許なのでまずは「マイカーにクルマに乗ってみたい!」
というのが人情ですよね。
それも良く分かりますし、少々無理してやりたいことをやるのもアリだと思います(その気持ち良くわかります)

でも、そのマイカーを持ちたい気持ちをグっと我慢して「カーシェアで行く」というのも、時代にあったかしこいやり方だと僕は思います。

いずれにしても、じっくり良く考えて納得の行くカーライフを送ってください♪

今はAIで自動運転なども実験が始まっているようなので、近い将来・カーシェアで予約したら自宅前まで自動運転で迎えに来てくれるのでは?
なんて想像したりします(^^;

脱線してしまいましたので、免許取り立てでカーシェアの利用をまとめますと…

  • カレコは運転免許取得後1年未満の入会できない
  • タイムズカープラスが使い勝手が良くてステーション数が多いのでおすすめ
  • dカーシェアも月額利用料が無料なのでおすすめ
  • 初心者マークを貼って安全運転を心がける事!

となります。
「カーシェアってやっぱ便利やな」って最近本当に思う今日この頃です。

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジ検討中の方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る