カーシェアは予約時間より早く返却すると利用料金は安くなる?

時間 お金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カーシェアで予約時間より早く返却するケースは多々あります。
早く返却すると使用時間は短くなるので、料金は安くなるのでしょうか?

答えは…カーシェア会社によってまちまちです。

予定より早く返却した場合の料金について、大手カーシェア会社別にまとめてみました。
この記事を読めば、早く返却すると安くなるカーシェア会社とそうでないカーシェア会社がわかります♪

スポンサーリンク

カーシェア利用時の予約と利用開始・終了について

カーシェアは大雑把に言うと、レンタカーの一種です。
クルマをレンタルすることになりますので、当然予約しますよね。
借りたい時間帯に、近所のステーションで空いている車両があれば貸出時刻と返却時刻を設定すれば予約することができます。

カーシェアは予定時刻より早く利用開始・終了できる?

カーシェアは予定貸出時刻より早く借りる(利用開始)ことはできません。
ただ厳密にいうと、点検時刻分(10-15分)は早く借りることはできます。

カーシェアでの事故対応と発車前の点検!へこみや擦り傷はバレない?

 

そして、予定返却時刻より早く返却(利用終了)することができます。

まぁこれは、当たり前といえば当たり前ですね。

次の章で、予定より早く返却した場合について詳しく解説いたします。

ちなみに、カーシェアの予約はスマホで簡単にできるので便利ですよ~

タイムズカーシェアの使い方♪ 鍵はどこ?予約・出庫・返却方法は?

スポンサーリンク

早く返却すると安くなるカーシェア会社と安くならないカーシェア会社

返却時刻はあくまで予定なので、
「思ったより用事が早くすんじゃった!」なんてことはよくあると思います。
そういったときに、予定より早く返却する事になります。

では、返却時刻より早くクルマをステーションに返却した場合は安くなるのでしょうか?

大手カーシェア別に解説いたします。
大手カーシェア…タイムズカープラス・カレコ・オリックス・dカーシェアが対象です。

早く返却すると安くなるカーシェア会社

早く返却すると安くなるカーシェア会社は、タイムズとカレコです!

課金終了時刻は、予約終了時刻ではなく返却時刻となります。
予約終了時刻より早く返却するとその分安くなります。
「使った分だけ」の時間料金ということですね。

予約時間は余裕を持って少し長めにを取っておいても、あせることなく返却できます。

僕は実際にタイムズカーシェアを3年以上利用していますが、予約時間に拘束されずにクルマを利用できるのはかなりのメリットです。
少し余裕をもって予約して早めに返すのは”基本ワザ”として多用してます(^^)

早く返却しても安くならないカーシェア会社

早く返却しても安くならないカーシェア会社は、オリックスカーシェアとdカーシェアです。

オリックスカーシェアとdカーシェアは、早く返却しても、予約した分の時間料金が課金されます。

予約時間に余裕をもたせるとお金も請求されるので…
「あらかじめ利用時間を見積もって予約しなきゃ損しちゃう」
という事です。

返却時刻まで余裕がないと発車後に
「返却時刻までに戻らねば!」
という精神的な時間の縛りを受けます。
焦ると事故にもつながりかねません。

これはかなり痛いデメリットかもしれません。
「発車後に予約延長したらいいんじゃないの?」
という考えも浮かぶかもしれませんが、いちいち延長するのは面倒ですし、次の予約が埋まっていたら延長ができません。

カーシェア各社の予約延長方法と無断延長した場合のペナルティ料金

スポンサーリンク

カーシェアで早く返却しようと焦るのは危険!

早く返却すると安くなるカーシェア会社でもそうでない会社でも、焦りは禁物です。

早く返却すると安くなるカーシェア会社だと、早く返却すればするほど基本的には安くなるので急いで用事を済ませがちです。
早く返却すると安くならないカーシェア会社でも、ケチってキッツキツの予約時間設定にすると急がざるをえなくなります。

クルマの運転で焦りがどれだけ、安全運転に支障がでるか今一度考えてみましょう。

特に、駆け込みでステーションに返却するときなどは要注意です。
自宅近くの路地などが、一番事故率が高いなどの統計もでていますし、カーシェア駐車場(ステーション)内の事故も多発しています。
ステーションの駐車場で急いでいると、死角から幼児が飛び出して気が付かづ最悪の場合轢いてしまうこと充分考えられます。
もちろん、カーシェアでは保険が完備されているのでルールを守っていれば金銭的には負担はありません。
でも、たった200円位をケチって焦って事故して殺人者になりたくはないですよね。

タイムズカーシェアの任意保険は?~補償内容と支払い条件~

もともとマイカーを借りるより十分お得に済ますことができるカーシェアなので、返却は余裕をもって焦らずにするようにしましょう!

スポンサーリンク

カーシェアで予約時間より早く返却した時 まとめ!

いかがでしたでしょうか?

  • カーシェア利用時の予約と利用開始・終了の仕組み
  • 予約時間より早く返却した場合の各カーシェア別の課金制度

についてお伝えしましたが、ご理解頂けましたでしょうか?

もう一度、振り返ってみましょう。

  • 予定貸出時刻より早く貸出することはできない
  • 予定返却時刻より早く返却することはできる
  • タイムズカープラスとカレコは早く返却するとその分安くなる
  • オリックスカーシェアは早く返却しても、予約した分の時間料金が課金される
  • カーシェアにおける駐車場内の事故も多発してるので焦りは禁物

最後に….
繰返しになりますが、早く返却すると安くなろうとなるまいと、クルマの運転に焦りは禁物です。
安全運転で、節約して楽しいカーシェアライフを送りましょう!(^^)!

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジ検討中の方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る