タイムズカーシェアの使い方♪ 鍵はどこ?予約・出庫・返却方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは、タイムズのカーシェア「タイムズカープラス」って聞いたことありますか? 聞いたことはあるけど、実際どのようにして利用するのかわからない人もいるのではないでしょうか。

「ドアの解錠方法は?」 「キーはどこ?」 「車庫からの出方は?」など いろいろ疑問も出てくると思います。 利用イメージが湧かないと、入会したくても足踏みしてしまいますよね。

具体的な利用イメージを持てるように、タイムズカーシェアの予約から返却までの流れをお届けします!

スポンサーリンク

はじめに

カーシェア独自の利用の流れがあるので 『え~ やっぱりややこしいやん!!』 と思われるかもしれませんが、意外とすぐ慣れます。 2、3度利用するとすぐ慣れてきますよ。

まず、タイムズカープラス公式の利用方法の動画をどうぞ♪

スポンサーリンク

タイムズカーシェア利用の流れ

では、利用の流れについてご説明しますね。

予約~利用~返却までの流れです。

ポイントはい。スタート!

  1. 予約
    • スマホで近所の駐車場(ステーション)のタイムズカーの空車を予約します。
    • 土日などは、空いていない時もありますので、早めの予約がベターです。
    • キャンセルは1分前でもできますので、とりあえず枠を確保することができます。
    • ステーション・・・タイムズカープラスの駐車場の呼び名です
  2. 予約した駐車場まで移動
    • 予約したタイムズ駐車場(ステーション)の予約車まで移動します。
    • これが自転車で行ったりするのでめんどくさい所です。
  3. スタンド看板を移動

  4. タイムズカーにカードをタッチして開錠
    • だいたい車の後部か後部右側の窓にあります。
    • タッチした時点で、課金が開始されます。

    touch

  5. グローブボックスよりキーを取得

    dash-key

    key

  6. エンジンをかけてすこし移動

  7. スタンド看板を戻す
    • スタンド看板を戻すのは忘れがち!
    • これを忘れると、カーシェア利用中に一般の人に駐車されてしまうこともあり得るので、ちょっと注意。

  8. 通常運転

    買い物など♪

  9. 返却

    出発したタイムズ駐車場まで移動

  10. スタンド看板を移動

  11. 車庫入れ

  12. キーをグローブボックスに戻す
  13. タイムズカーにカードをタッチして施錠
    • タッチした時点で精算されます。

    touch

  14. スタンド看板を戻す

ポイントはい。完了♪ おつかれさまでした~

スポンサーリンク

補償制度(保険)

補償内容は、カーシェアとレンタカーと同じようなイメージと思って良いでしょう。 しかし、運転交代に関してはレンタカーとカーシェアは異なるので注意が必要です。

タイムズカーシェアの任意保険は?~補償内容と支払い条件~

タイムズカーシェアの保険~搭乗者傷害補償か人身傷害補償かどっち?

スポンサーリンク

入会と会員カード受取方法

4パターンの入会方法で会員カードが受取できます。

「タイムズカープラス 4つの入会方法を比較!必要書類も要チェック!」

スポンサーリンク

まとめ

色々と独自仕様がありますが、カーシェアは、慣れれば簡単です。 休みの日しか車を利用しなくて、近くにタイムズカープラスの駐車場(ステーション)がある人は、 カーシェアに乗り換えると不便さは比較的抑えられ、節約効果は非常に高くなり、大きなメリットを享受できます。 逆に、毎日車を乗る人や、ステーションが遠い所にしかない人は、余りメリットはありません。

クルマは、金食い虫。特に維持費は家計を圧迫します。 「これから車を持ちたいと考えているけど、購入と維持費がかかるので足踏みしている」という方には、購入費0円で維持費も抑えられるカーシェアの検討価値がアリかもしれません。

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジ検討中の方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る