新生児用のチャイルドシート設置で角度が水平にならない原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

またまた、チャイルドシートでタイムズカーシェアしてきました。 今回はいつも利用とは違う車種を利用してみたのですが、 思わぬ落とし穴が結構あったので、共有しますね。

今回でチャイルドシートでカーシェア利用は4回目です。 ゴールデンウィーク初日ということもあり、 いつも借りている相性のいいトヨタのヴィッツは先約がありました(T_T)

なので、 今回は仕方なくまぁまぁ相性の良いマツダのデミオを予約しました。

>>初心者はカーシェア・レンタカーで相性の良い車種を選んで運転練習♪

チャイルドシート装着時の違和感

いつものようにカーシェアで借りた車(今回はデミオ)を家の前に止めて、 チャイルドシートを後部座席の上に載せ、 そして、シートベルトもカチャッとはめてグイッとひっぱりチャイルドシートを固定しました。 4回目にもなってくるとだんだん小慣れてくるなぁと思いつつも、なんか違和感がありました。 でも、ちゃんと固定されてたのでその時は「ま、こんなもんかな」と思って、赤ちゃんを抱っこしてる嫁さんと呼んだところ、 嫁さんに「チャイルドシートが浮いてる」と言われました。 後部座席を覗いてみると、確かにチャイルドシートが浮いていて水平にならずに上へ向いています。 さっきの違和感はコレでした。

僕の購入したチャイルドシートはシートベルト3点固定式タイプです

>>カーシェアで利用するチャイルドシートの選び方 新生児でも安心!

チャイルドシートが浮く原因

原因がしばらくわからず、 デミオがチャイルドシートに適合してないから? とも思ったりしたのですが、 よくよく見ると、運転席のヘッドレストとチャイルドシートがぶつかっているという事に気づきました。

チャイルドシートにヘッドレストが引っ掛かってちゃんと座面に降りてこれなかったのです。 シート浮きの原因はコレでした。 あとから考えると単純なことでしたが、やっている最中は冷静に判断できず悪戦苦闘しました。

チャイルドシート浮きの処置

このままじゃ危険なので、 運転席の座席を少し前へスライドさせ、リクライニングも少し戻すと、ヘッドレストの引っ掛かりが取れて、チャイルドシートと座面は水平 となりました。

シート浮きの処置後の落とし穴

赤ちゃんはちゃんと乗ることができたし、 めでたし、めでたし。

ん!?

運転する僕のポジションがせま~い!!

これでは、赤ちゃんはちゃんと乗ることができても、運転者がとても窮屈で疲れてしまいます。 特に長距離ドライブでは、首に後遺症を持つ僕は、体がキツくなり気が散って安全運転に支障をきたしそうです。 今回は近場のドライブはだったのであまり支障はありませんでしたが、それでも少しきつかった(*_*)

このすったもんだで、 だいぶ時間を無駄に消費してしまいました。 カーシェアは時間でお金が発生します。 このあたりが、マイカーと違ってカーシェアリングのデメリットと言えますね。

コンパクトカーはチャイルドシートが引っかかりやすいかも

今回の出来事で、 コンパクトカーは、チャイルドシートを後ろ向きで乗せるとヘッドレストに引っかかりやすいかも と後になって思いました。

とりあえず、僕の購入したチャイルドシート「ネディプラスNR」は後ろ向きに置いても、ヴィッツの場合は運転席のスペースは比較的余裕がありました。 しかし、デミオだと運転席を結構前にスライドさせないとダメで窮屈でした。 車種適合表にこの辺の細かい事も書いてあればいいんですけどね。 ちなみに、冒頭の画像はヴィッツにネディプラスNRを設置したものです。

↓ネディプラスNRは今はネット販売してないようなのでご参考までに似たモデルをリンク致しますね


【送料無料】 リーマン チャイルドシート ネディelf 新生児 日本製 【メーカー直販】 sopo la bebe限定商品


★送料無料★リーマン)ネディアップ【0〜4歳】【固定式】【チャイルドシート】【カーシート】【メーカー保証1年】【チラシ】

タオルを丸めて赤ちゃんとチャイルドシートの隙間に入れる その後

前回、気になっていた、タオルを丸めて赤ちゃんとチャイルドシートの隙間に入れても 運転していると少しずつ隙間が影響して不安定になってくる状態はいつのまにか解消されていました。 赤ちゃんは成長とともに首も丈夫になってくるので、段々気にならなくります。 しかし、赤ちゃんの月齢が少なくとも2ヶ月目迄でガンガン車に乗る人は、首まわりの安定に気を配った方が良いと思います。

>>カーシェアで新生児のチャイルドシート⇒首カックンをタオルで固定

まとめ

いつも利用している車種と違う車を選ぶと思わぬところで戸惑います。

今回のポイントをまとめました。

  • チャイルドシートの使用期間中は、カーシェア利用車種を極力固定する
  • ヘッドレストがチャイルドシートに重ならないか確認する
  • カーシェア利用車種がいつもと違う場合は、事前にチャイルドシートの車種適合表を確認する

車種適合表は販売メーカーさんのサイトにあると思いますよ♪

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、各社似たり寄ったりの料金体系やサービス内容なので、自宅の近くにステーションがある会社を選びましょう。

近所にある可能性の高いカーシェア会社順にランキングしてみました。(2017年現在)

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 ステーション数ランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数…9,091か所

市場の7割を占める業界最大手で、圧倒的なステーション数。 家の近所にある確率が一番高いのは、このタイムズカープラスです。

>>タイムズカープラス 4つの入会方法を比較!必要書類も要チェック!

ランキング2位 オリックスカーシェア dカーシェア

ステーション数…1,531か所

  • オリックスカーシェア

    業界最古参 2017年にdカーシェアと業務提携しました。独自サービスも展開してます。

  • dカーシェア

    2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。 独自のステーションは持っておらず、オリックスカーシェアと提携してます。ドコモ携帯の契約者以外も入会でき、 月額基本料金がずっと0円です(他社はキャンペーン期間中のみ0円)

ランキング3位 カレコ【careco】

ステーション数…1,159か所

首都圏に強く、伸び率が高い。オリックスカーシェアを追い抜く勢いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*