タイムズカーシェアの料金を解説!月額と初期費用は?ガソリン代は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

初期費用(イニシャルコスト)

入会時にカード発行料1,550円(1人/1枚)。 ※法人プランの場合は、648円(1人/1枚)

初回発行は、キャンペーンで無料になることが多いです。 カード追加はキャンペーン対象外なのでご注意を!(家族会員のカード追加など)

月額基本料金 固定費用(ランニングコスト)

プラン別の月額基本料金

  • 個人プラン 1,030円

    タイムズカープラスの基本プラン♪ 基本的に、誰でも選べます。

  • 家族プラン 1,030円

    1人分の月額基本料で、家族全員が利用できます♪ 運転免許証に記載された名字もしくは住所が同一であることが条件です。(会員カードは家族ひとりずつ発行されます)

  • 学生プラン 無料 0円

    入会月から4年間の月額基本料金が無料。本国内の学校法人の学生であることが条件です(学生証のコピーが必要)

    ※4年経過後には自動的に「個人プラン」に移行となり、月額基本料が発生するのでご注意を!

  • 法人プラン 無料 0円

    月額基本料が無料のプランです。入会の際には簡単な審査あり。

利用料金(変動費用)

ショート(15分毎利用料金)

カーシェアを利用するクルマのクラス(グレード)によって料金が異なります。

※距離料金もガソリン代も発生しません。

  • ベーシッククラス 206円/15分

    いわゆる普通の車。 通常はコッチを利用する。 デミオ(MAZDA)など

  • プレミアムクラス 412円/15分

    いわゆるええ車。 MINI One CROSSOVER(BMW)やAudi A1(Audi)など。 ええカッコしたいときは、コッチを利用しましょう。

パック

ベーシック・プレミアムのクラスにかかわらず同じ料金! 時間固定の利用料金。レンタカーの料金設定イメージに近い。

※6時間パック以外は、距離料金。16円/走行kmが別途発生します。ガソリン代の代わりですな。

  • 6時間パック 4,020円

    パックで唯一、距離料金が発生しない

  • 12時間パック 6,690円
  • アーリーナイトパック 2,060円

    18:00~24:00まで

  • レイトナイトパック 2,060円

    24:00~翌9:00まで

  • ダブルナイトパック 2,580円

    18:00~翌9:00まで

キャンペーン中の長時間パック

期間限定のキャンペーンですが、最近はキャンペーンを継続してやっています(2017/11月現在)。 お盆やGWでも料金はかわらないので、シーズン中はレンタカーより安くなると思います。 もし、キャンペーンが終わっていたらごめんなさいm(_ _)m

  • 36時間パック 11,000円
  • 48時間パック 13,000円
  • 60時間パック 18,000円

距離料金。16円/走行kmが別途発生します。ガソリン代の代わりですな。

TCP安心補償サービス

1回の利用毎に309円

事故時のNOC(※)やバッテリーあがりの実費が免除されます。

※NOC

ノンオペレーションチャージの略。 事故した時など、営業保障の替わりに支払うペナルティ料金のこと。

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★★★

独自サービス  ★★★★

なんといってもステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。

使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

総合力では№1ですが、唯一の弱点は月額基本料金が0円になる個人プランが無い点です(法人・学生プランは月額基本料金が0円です)

ランキング2位 カレコ【careco】

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★

使い勝手はとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。 カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

2018年4月24日より「月会費無料プラン」が開始されており、 車種のラインナップも豊富・時間単価もまぁまぁということでコスパは抜群に良いです。

唯一の難点はステーション数が首都圏以外は少ないという点です(首都圏には強い)

サービスとしては言うことないですが、自宅近くにステーションがなければ使えるシーンが極端に減るので総合力は№2です。

ランキング3位 dカーシェア

安さ      ★★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★★

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が0円で時間単価も比較的安いのですが、 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」 というのが最大の難点です。(カレコやタイムズは予約時間より早く返すとその分安くなる)

独自のステーションは持っておらず提携しているオリックスカーシェアのステーションで利用できます。

ステーションはそれほど多くないのですが、個人間カーシェア(マイカーシェア)というdカーシェア独自のサービスを展開しています。 個人間カーシェアは他者のクルマを借りる事もできますが、マイカーを貸してお金を稼ぐこともできます。 難点も多いですが、良い点も多い会社なので総合力は№3です。

【番外】 オリックスカーシェア

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★

使い勝手は業務提携しているdカーシェアのカーシェアリングと同じです。 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」という大きな弱点があります。

月額基本料金が0円となる個人プランもあるのですが、dカーシェアより時間単価は高いです。

dカーシェアのような魅力的な独自サービスがなく、難点も多いオリックスカーシェアですが基本的なカーシェアリングとしての機能は満たしていますので、 自宅近くにステーションがあれば検討の価値アリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*