運転中のイライラ防止と対策~感情コントロールで怒りを解消♪~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を運転していると、 「なんだこの野郎!」 と思う瞬間ってありますよね。 人間は困ったことが起きると、闘争か逃避の行動を取ると言われています。 イラっと来る瞬間は、この闘争の行動の一つだと言っていいでしょう。 イラッとくると、どうしても攻撃的になってしまい安全運転に支障がでてしまいますよね。 運転に集中できず、死亡事故になる可能性すらあります。

感情をコントロールすることはとても重要ですね。 イラッとした時の感情をコントロール方法についてご紹介します♪

はじめに

職業ドライバーの方は、プロなので感情をコントロール術はお持ちだと思います。 ただ、ほとんどのドライバーは日頃は運転しないアマチュアドライバーです。 ある意味イラッとしても仕方のないことだと思います。

僕自身が感情をコントロールすることが苦手なので 僕なりに感情をコントロール方法についてまとめてみました。 「これらを意識して運転せなあかんな」と思う僕です。

感情をコントロール方法

評価しない

相手には強引な運転せざるをえない状況があったのかもしれません。

例えば、

  • 赤ちゃんが生まれそうな妊婦がいる
  • 何かの事件に巻き込まれている

とかです。 もしかしたら、不幸な生い立ちがそうさせているのかも知れません。

相手の状況がわからないので、人を評価する必要はないのです。 自分の運転だけに集中しましょう。 車の上から自分を見ていることを想像してはいかがでしょうか?

本来の目的を思い出す

車の運転の本来の目的は、目的地に着くことではないでしょうか?

「しょ~もないことにいちいち腹を立てもしゃ~ないなぁ」

と流せるようになるのが理想です。

家族の命を最優先する

同乗している家族・彼女の命を考えると、イライラすることもどこかへ飛んでいくと思います。 優先度の問題ですね。もちろん自分の命も!

良く眠る

基本ですね。 睡眠不足は感情コントロールだけではなくあらゆることに弊害が起きます。 6時間以上は睡眠して運転に臨みましょう。

体操する

肩こりが激しいときに運転するとイラッときやすです。 体操などをしてからの運転がおすすめです。 ラジオ体操なども良いですよ。 (外でラジオ体操は恥ずかしいかもなので、 それっぽい体操でリラッ~クス)

深呼吸する

これも基本ですね。副交感神経を刺激するというやつです。 専門家でないのでよくわかりませんが、 イラっときているときは交感神経>副交感神経となっているらしいです。

運転中に「イラっ」とくる7つの瞬間

僕は、ペーパードライバーなのであまりイラっと来る瞬間は豊富ではありませんが、 思いつくコトを挙げます。

  • 渋滞などで割り込まれる
  • バイクで無理に抜かれる
  • 自転車が無謀な運転をする
  • 強引に右折される
  • あきらかに遅く車があり追い越せない
  • 前の車が、高速でやたらとブレーキを踏む
  • 運転中に感情コントロールは難しいことなのか。

冒頭でも述べましたが、 人間は困ったことが起きると、闘争か逃避の行動を取ると言われています。 イラっと来る瞬間は、たんなる闘争行動の一つなんだと思いましょう。 感情をコントロールする方法を思い出してみて安全運転に少しでもお役に立てればめっちゃ嬉しいです。

日々のイライラは、シャボン玉のようにどこかに「ふ~っ」と飛ばしちゃいましょう♪

まとめ

みんな車の運転では、イラッとするときがあります。 うまく感情をコントロールして、命を守りましょう。

今回のテーマは難しい内容だと思います。 イラっとくることは人として仕方がないことだと思うので 無理に抑えるのではなく、「いかにやり過ごすか」を考える方が現実的かもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★★★

独自サービス  ★★★★

ステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。

使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

唯一の弱点は月額基本料金が0円になる個人プランが無い点ですが、月額基本料は利用料金として使えますので、定期的に使用する場合は実質無料となる場合が多いです。また、入会キャンペーンで月額基本料が2ヶ月だけ無料になることもあります。総合力は№1と言えるでしょう。

ランキング2位 カレコ【careco】

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★

使い勝手はとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。 カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

2018年4月24日より「月会費無料プラン」が開始されており、 車種のラインナップも豊富・時間単価もまぁまぁということでコスパは抜群に良いです。

ネット入会画面も親切で入力しやすいのでスマホでもストレスなくできると思います。免許証の写真アップもスマホの方が手っ取り早いです。

難点はステーション数が首都圏以外は少ないという点(首都圏には強いです)と免許取得後1年未満の場合は入会が出来ない点です。

サービスとしては言うことないですが、自宅近くにステーションがなければ使えるシーンが極端に減るし、免許取得してすぐの入会はできないので総合力は№2です。

ランキング3位 dカーシェア

安さ      ★★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★★

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が0円で時間単価も比較的安いのですが、 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」 というのが最大の難点です。(カレコやタイムズは予約時間より早く返すとその分安くなる)

独自のステーションは持っておらず提携しているオリックスカーシェアのステーションで利用できます。

ステーションはそれほど多くないのですが、個人間カーシェア(マイカーシェア)というdカーシェア独自のサービスを展開しています。 個人間カーシェアは他会員のクルマを借りるができるので、ステーション数の少なさをマイカーシェアで補うことが出来るかも知れません( ちなみにマイカーを貸してお金を稼ぐこともできます) 難点も多いですが、良い点も多い会社なので総合力は№3です。

【番外】 オリックスカーシェア

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★

→オリックスカーシェア公式サイト

使い勝手は業務提携しているdカーシェアのカーシェアリングと同じです。 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」という大きな弱点があります。

月額基本料金が0円となる個人Bプランもあるのですがdカーシェアより時間単価は高いので、dカーシェアに入会する方がお得です。 オリックスカーシェアに入会するなら月額基本料金が発生するけど時間単価が安い個人Aプランです。

dカーシェアのような魅力的な独自サービスがなく、難点も多いオリックスカーシェアですが基本的なカーシェアリングとしての機能は満たしていますので、 自宅近くにステーションがあれば検討の価値アリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*