dカーシェアはクレジットカード無しで登録可能!支払いはドコモ払い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クレカ持たない主義だけど、カーシェアを利用したいあなた!

dカーシェアがクレカ不要でカーシェアを利用できる唯一の存在です。

じゃぁ、どんな支払い方法になるの?

それはドコモ払いという支払方法になるのです。

dカーシェアのドコモ払いについて詳しくご説明いたします!

スポンサーリンク

dカーシェアはクレジットカード不要な唯一の会社

主なカーシェアリングの事業者は、タイムズカープラス・dカーシェア・カレコカーシェアリングクラブ・オリックスカーシェア・カリテコの5社です。 この5社でカーシェアリングサービスの実に95%以上を占めます。 では、この中でクレジットカード無しで利用できる会社はどこなのでしょうか?

それは、ズバリ「dカーシェア」です。

dカーシェアのみクレジットカード以外の支払いを可能としています。

ちなみに、法人の場合は全て口座振替可能です。 個人利用のカーシェアリングでクレジットカード不要の会社がdカーシェアということになります。

dカーシェアがクレジット不要なのはわかりましたね。 では、なにで支払うのでしょうか?

それが、”ドコモ払い”です。

次に、この”ドコモ払い”については詳しくご説明いたします。

スポンサーリンク

dカーシェアの支払い方法!ドコモ払いとは?

dカーシェアはドコモが運営しています。 ドコモ払いとは、ネットショッピングなどのお支払いに利用できるドコモのスマホ決済サービスです。

ドコモ払いの引き落とし先

「じゃぁ、ドコモ払いの引き落とし先ってどこなの?」

それは、ドコモのスマホ(携帯)料金の引き落とし先です。

これを「電話料金合算払い」といいます。

電話料金の引き落とし先(支払い方法)として、クレジットカード・口座振替・請求書払い(コンビニ現金払い)の3つがあるんです。

電話料金の支払い方法が、口座振替もしくは請求書払いになっている場合、クレカ以外の引き落とし先ということになります。

ドコモのスマホ(携帯)の電話料金引き落とし先として、口座振替を選んでいると、dカーシェアでもクレジットカードではなく指定口座による決済が可能になります。 請求書払いを選んでいるとコンビニなどによる現金払いが可能です。

ただし、請求書払いには次の注意点があります。

ドコモ携帯の新規契約では請求書払いが選べない

請求書払いはコンビニなどで現金払いできる支払い方法ですが、1つ注意すべき点があります。

スマホ料金の支払い方法として請求書払いは存在するのですが、新規のドコモ回線加入ではこの支払い方法は選べないようになっているのです。

つまり、もともと前から請求書支払となっている人のみが対象となります。

もちろん、支払い方法を請求書払いに変更することもできません。

ドコモ払いの条件

“ドコモ払い”は、下記を満たすことが条件です。

  • ドコモの回線を持っている(ドコモ携帯を契約)
  • spモードかiモードのオプション契約している

OCNモバイルONEなどのドコモ回線を使用しているだけのMVNOは対象外です。

spモードまたはiモードの契約は、4桁のパスワードが発行されます。

dカーシェア登録時、支払い方法を”ドコモ払い”を選んで、4桁のパスワードを入力するとドコモ払いとなります。 意外と簡単ですね!

スポンサーリンク

ドコモ払いの2つの注意点

ドコモ払いに関する注意点2つです。

ドコモ払いの利用限度額

ドコモ払いの「電話料金合算払い」はドコモ携帯の契約期間の長さにより、利用可能な限度額が決まっているので注意が必要です。

ドコモ払い(電話料金合算払い)の利用限度額です。

  • 1~3ヶ月目 10,000円/月 まで
  • 4~24ヶ月目 30,000円/月 まで
  • 25ヶ月目以降 50,000円/月 まで

※19歳までは月1万円固定

25ヶ月目で月50000円まで上がります。 それ以降は、利用状況等により最大10万円まで増額されます。

紛らわしい!ドコモ払いとd払いの違い

ドコモ払いとよく似たものにd払いといものがあります。 紛らわしいですよね。

d払いは、「dアカウント」さえ持っていれば誰でも使える決済ですが、ドコモ払いではありません。

d払いではdカーシェアの支払いができませんので、間違えないように注意しましょう!

実は”ドコモ払い”と”d払い”という名称は、2018年2月までは少し呼び方が違ってました。 ドコモ払いは”ドコモケータイ払い” d払いは”dケータイ払い+(プラス)” という名前でした。 まぁこっちも紛らわしいですけどね(^^)

スポンサーリンク

dカーシェアの支払い まとめ

いかがでしたでしょうか?

クレカ不要なdカーシェアのドコモ払いについてご紹介いたしました。 d払いとドコモ払いの違いについても少し触れましたね。

ここでポイントを振り返ってみましょう。

  • クレジットカード無しで利用できる会社はdカーシェアのみ
  • dカーシェアのドコモ払いの口座振替か現金払いが利用できる
  • d払いはドコモ払いとは違うので注意せよ!

最後に、最も重要なことを言いますね。

dカーシェアでドコモ払いを使ったとしても、dカーシェアもステーションがなければ使えません。 (ステーションとはカーシェアが使える駐車場のことです)

まずは、あなたの自宅の近くにdカーシェアのステーションがあるか調べてみましょう。

dカーシェアは当初はオリックスカーシェアのみ利用可能でしたが、2018年の年末にカレコ・カリテコと提携したためこの3社のステーションが利用可能となりました。

カレコは首都圏にステーションが多く、カリテコは名古屋圏のステーションが多いので、これらの圏内済んでいる方はdカーシェアが使える可能性が高いですよ。

もし残念ながら、あなたの自宅近くにdカーシェアがなくても、出張先や旅行先など使えるシーンは多々あります。

dカーシェアは月額基本料が0円ですので入会しても使わなければずっとタダです。 入会時の費用も無料ですし、今なら入会後カーシェアを使うとdポイントが1000ポイントつくのでおススメですよ♪

今後自宅近くにステーションできる可能性も大いにありますので、期待しつつ待っておきましょう。

自宅近くにある人は、マイカーのように利用が可能ですので利用しまくっちゃいましょう!(^^)!

おわり

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

どのカーシェア会社でも基本的に発生する費用は、月額基本料と15分200円程度の利用料のみです。
保険料・ガソリン代・メンテ代(車検等)は不要となるので、劇的に維持費を節約できます!

お試し入会したい人も「入会後に即退会しても余計な違約金は発生しません」ので安心ですよ。
もしカーシェアが性に合わなければ、退会すればOKです。

カーシェア各社の特徴を踏まえたおすすめランキングをどうぞ!

カーシェア会社の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポビューラーな個人プランのベーシック車種の利用料は、15分で206円。

個人プランは月額基本料金が1030円ですが、月額基本料は利用料金として使えるので実質無料。
この無料利用料金は繰越しできないのですが、もったいないから1030円分使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果があります。

使い勝手もGoodです。

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし

全国的に一番使えるカーシェア会社と言えるでしょう。
僕自身タイムズカーシェアのユーザですが、3年間利用して特に不満はありません。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポビューラーなベーシックプランのコンパクト車種の利用料は、10分で130円。

ベーシックプランの月額基本料金が980円ですが、月額基本料は利用料金として使えるので実質無料です(繰越しは不可)
月額基本料無料プランもありますが、時間単価が10分160円と割高となります。
定期的に使うなら無料利用分もあるベーシックプランがおススメです。

使い勝手はとてもGood!

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは除く)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富

ステーション数は首都圏に集中しています。
また、免許取得後1年未満は入会できないので注意しましょう。

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

dカーシェアは月額基本料が無料。

独自のカーステーションは持っておらず、提携先のオリックスカーシェア・カレコ・カリテコのカーステーションで利用できます。
この3社分のステーションが利用できて月額基本料が無料なのがdカーシェアの強みです。
注意点は、利用するカーステーションによって課金の扱いが違うところ。

利用ステーション別の時間単価です。

  • オリックス利用:15分220円
  • カレコ利用:10分160円
  • カリテコ利用:15分206円

早期返却やキャンセルの課金の扱いも利用先ステーション(提携先)により異なります。
この辺の課金の扱いがややこしいトコです。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジをお考えの方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る