首・肩こりを持つ私がカーシェア1年間利用でペーパードライバー克服

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

突然ですが、

  • あなたは、重度の肩こり・首こりをお持ちでしょうか?
  • あなたは、ペーパードライバーでしょうか?
  • あなたは、節約家でしょうか?

僕は、上記に全て該当します。

ある事故で首・肩に慢性的な痛みを後遺症をに持つ僕が、1年間カーシェアを利用してペーパードライバー克服していった体験談を書きました。

後遺症の持っている方こそ、経済的負担の少ないカーシェアでペーパードライバーを克服して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

僕がケガしたプール飛び込み事故

僕が後遺症を持つに至った、プール飛び込み事故の経緯を少しお話いたします。

高校の時、学校プールの飛び込み(※)でプール底に頭を強打し、第5頚椎を骨折しました。 (※高飛び込みとかではなく、普通の飛び込みです)

後遺症は残りましたが軽くすんで不幸中の幸いだったと思っています。

プールの飛び込みで半身不随になってしまう痛ましい事故も起きていることを、後になって知り、 同様の事故を起こした者として、胸が張り裂けそうな切ない気持ちなります。

皆さんは大丈夫だと思いますが、プールの飛び込みにはくれぐれもご注意ください。

お父さん・お母さんは、お子様にもプールの飛び込みに関するご注意を促して頂ければ有難いです。

僕は、現在も後遺症は治らずに慢性的な首・肩の痛みは続いているものの、日常生活には、支障なく暮らしています。

このような自分の後遺症の経験から、僕は交通事故の加害者にならないように安全運転を行ないたいと強く思っています。

スポンサーリンク

首コリで怒りっぽい僕のココロとカラダの健康法

健康を保たなければ、運転が窮屈になりますし、一歩間違えれば事故を引き起こす可能性もありますよね。 首・肩こりに悩まされている僕の健康法をご紹介させて頂きます。

心の健康方法

運転中についカっとなってしまう事が安全の最大の妨げだと思います。感情コントロールを行なうことが大事ですね。 怒りがなくなるというこんな本を最近知りました。

僕にとっては、有益な本でしたのでご紹介させて頂きます。


「対人関係療法」の精神科医が教える 「怒り」がスーッと消える本 (大和出版)

体の健康方法

下記サイトのストレッチが結構効いているような気がしますので、ご参考までにリンクを張ります。

巷でよく聞くストレッチの内容ではなく、ゆっくりとしたストレッチが多いのです。僕には実に良く効きます。

ただし、ストレッチの効果は個人差があると思いますので過度な期待は禁物です。くれぐれも無理なさらないようにお願いします。

ストレッチの参考サイト ネストラさん

あと、無理のない範囲でラジオ体操もしています。 ちょくちょくYoutubeでラジオ体操を流してやってたりしています。

スポンサーリンク

僕のペーパードライバー暦

僕がペーパードライバーに至る経緯です。

  1. 大学の頃 免許を取得
  2. 25歳頃、車を購入する
  3. 30歳頃、車を売る
  4. ペーパードライバー生活突入(約10年)
  5. 40歳頃、カーシェアに入会
  6. 約一年間利用し、現在に至る
スポンサーリンク

1年間のカーシェア利用金額と時間

僕はカーシェアでちょこちょこ1年間(合計20時間)利用して 運転に対する恐怖を少しずつ克服していくことができました。

20時間の運転だけで、最終的には当初の目的としていた連休中の家族旅行に行くこともできたという事になります。

ペーパードライバーがカーシェアで練習し、レンタカーで家族旅行!

20時間16480円で運転技術をある程度あげることができるのだと振り返ってみてると不思議な気分です。

仮に一気に20時間運転しても多分このような効果は生まれないのだと思います。

ちょっとづつ慣れながら、復習しながら運転すると効果的なのだと自分的には分析しています。 だから、ペーパードライバーを克服しようとしている方にはカーシェアは本当にオススメです。

ただ、僕はペーパードライバーとはいえ少なからず運転歴があったから 20時間で感覚をつかめたのだと思います。

超ペーパードライバーの人は、ペーパードライバー講習などを受講してからではないと危険だと思います。 もし、運転歴豊富な家族か友人がいれば、助手席で見てくれる中で練習して 一人で運転できるまで恐怖を取り除いてからステップアップした方が良いです。

スポンサーリンク

1年間のカーシェアを利用方法

僕がカーシェアを利用したときに、意識していた点です。そんなに難しいことはありません。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか? 今回は、首・肩こりを持つペーパードライバーの人へ向けたの記事を書かせて頂きました。 少しでも役立てれば幸いです。

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジ検討中の方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る