ガラケーとスマホ2台持ちでカーシェア予約!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カーシェアを利用したくても、スマホをもってなければ非常に不便です。 なぜかというと、予約が気軽にできないからです。 登録した予約を変更することも、スマホだからこそ気軽に変更できるのです。

ガラケーでも予約できるのですが、コストと操作性に問題があります。

  • 通信費がかかる。
  • 画面の操作に時間がかかる

PCでの予約の場合は、利便性に問題があります。

  • 家でもいちいちPCを起動しないといけない。
  • PCを持ち歩いてないと外出中は起動できない。

ガラケーしか持っていない方が スマホを安くGETする手段として一番ハードルが低い方法は、 「スマホを1台追加契約して、ガラケーとスマホの2台持ち」 にするというやり方です。 具体的に説明していきますね♪

安くて簡単にスマホを持つ方法⇒スマホとガラケーと2台持ち

ガラケーの契約はそのままに、スマホをデータサービスだけ契約することができます。 このデータのみサービスだと、概ね月額1000円でスマホを利用することが出来ます。

※1000円とは別に、スマホ端末代は別途必要です。

「え?1000円でスマホが利用できるの?」と思われるかもしれません。 答えはイエースです。1000円で利用できちゃいます。 次はこの1000円でスマホが利用できる手順をご説明いたしますね♪ キーワードはSIMフリーとMVNOです。

1000円でスマホを利用する手順

  1. SIMフリーのスマホを用意する

    まず、SIMフリースマホを購入する必要があります。 スマホ代は初期費用ですね。安いものだと1万円位です。

    SIMフリーって何?

    通信事業社はSIMカードをスマホ端末に装着させて、サービスを提供します。

    従来のスマホ端末は、大手キャリア指定されたSIMのみ利用可能でしたが、 SIMフリースマホは、MVNOを含むどのキャリアのSIMを装着しても利用できます。 どのSIMを装着しても自由(フリー)に利用できるスマホということです♪

    ↓SIMフリー端末はこんな感じです。ご参考まで♪


    Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー【日本正規代理店品】


    Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン サファイアブルー 【日本正規代理店品】 P10 lite/WAS-LX2J/Sapphire Blue


    Huawei 5.65インチ nova lite 2 SIMフリースマートフォン ゴールド【日本正規代理店品】


    HUAWEI Nova Lite ゴールド 本体


    SIMフリースマートフォン, DOOGEE X20L (4G(au不可) Android 7.0 2+16GB ROM MT6737 クアッドコア デュアル SIMフリー 5MP+5MP リアカメラ Micro+Nano SIM)スマートフォン本体 黒 【一年保証】


    ASUS ZenFone4 MAX ZC520KL 【日本版】ピンク【正規代理店品】(オクタコア/3GB/32GB/トリプルスロット/DSDS/4,100mAh) ZC520KL-PK32S3/A

  2. MVNO事業社と通信契約する

    MVNO事業社と通信契約しSIMを購入します。SIMにはサイズがあります。SIMフリー端末にあったサイズを確認して同じサイズのSIMを選びましょう(最近はnanoSIMが主流です)

    MVNOって何?

    携帯電話の通信網をもっている大手キャリア(通信サービス事業者)で思い浮かぶのは、 ドコモ、ソフトバンク、au ですよね。

    実は、それ以外にも通信事業社も存在します。それがMVNOといわれる仮想移動体通信事業者です。

    このMVNOは、大雑把にいうと「通信回線設備を持っていない」通信サービス事業者です。 通信回線はドコモ等の回線を貸してもらって、サービスを提供しているわけです。

    また、大手キャリアはSIMとスマホをメインに販売していますが、 MVNOは、SIMをメインに販売しています(SIMフリー端末も併せて販売してるところが多いです)

    MVNO事業社の大手は下記2社です。

    このどちらかを選択すれば間違いはないでしょう。どちらの事業者でも最安プランは月額1000円位です

    • NTTコミュニケーションズ のOCN モバイル ONE

    • インターネットイニシアティブ のIIJmio

  3. MVNOより購入したSIMを、SIMフリースマホに装着する

    SIMフリースマホにSIMをいれます

  4. スマホでMVNOが指定するアクセスポイント名を登録する

    ※Androidの場合

    「設定」-「もっと見る(その他)」-「モバイルネットワーク」-「アクセスポイント名」を開きます

    契約したMVNO事業者の名前が存在していたら、それを選ぶと自動的にAPNが登録されます。 存在しなければ、MVNO事業者が指定する項目を入力して登録します。(認証タイプやAPNなど)

    これでネットワークにつながるようになり、スマホが利用できます!

デメリットは何?なんか悪いことおきるんじゃないの?

確かにスマホと2台持ちになると、何が起こるのか不安ですよね。

下記の点がデメリットとなります。

  • コストがかかる

    初期費用1~3万円、継続費用(通信費)1000~3000円は必要

  • 2台持ち歩かないといけないからめんどくさい
  • 下位プラン月額1000円だと通信量の制限がある(IIJmioだと3ギガ)
  • 上位プランを選択すると通信量もあがり、制限が緩和されるが月額料金も高くなる

メリットは何?

  • スマホを利用したネットができる

    タイムズカーシェアをスマホで予約できます! LINEもできます。

  • ガラケーのメールを解約し、スマホのメール(gmailやhotmailなど)に一本化できる

    この一本化は、ガラケーのメルアドはなくって良い人に限ります。

  • ガラケーで電話をしながら、スマホを見られる

    スマホで調べ物をしながら電話できので便利です。

ガラケーから全てスマホに統合する方法

ざっくり言うと、モバイルナンバーポータビリティ(MNP)を利用して、 番号をそのままでMVNO事業社の引越しができます。 詳細はまた機会があれば記載いたしますね。

まとめ

  • ガラケーの人がスマホをGETする簡単な方法は、ガラケーとデータ専用スマホの2台持ち
  • MVNO事業社とデータ専用SIMで契約すれば、データ通信費は月額1000円程度で抑えられる
  • SIMフリースマホは1万円程度からでアマゾンで購入できる
  • SIMフリースマホでカーシェアの予約がスムーズかつ即時にできる

今回はガラケーとスマホ2台持ちのご紹介でしたが、初めから音声SIM(通話SIM)の1台持ちでスマホデビューするのも◎です。オススメはスマホが安く手に入るOCNモバイルONEのらくらくセットです。セール中は激安でスマホを購入できますよ。以下の公式サイトよりらくらくセットの申込できます。

>>【必見】格安SIMのフリースマホを一括で安く買う方法!

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★★★

独自サービス  ★★★★

ステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。

使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

唯一の弱点は月額基本料金が0円になる個人プランが無い点ですが、月額基本料は利用料金として使えますので、定期的に使用する場合は実質無料となる場合が多いです。また、入会キャンペーンで月額基本料が2ヶ月だけ無料になることもあります。総合力は№1と言えるでしょう。

ランキング2位 カレコ【careco】

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★

使い勝手はとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。 カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

2018年4月24日より「月会費無料プラン」が開始されており、 車種のラインナップも豊富・時間単価もまぁまぁということでコスパは抜群に良いです。

ネット入会画面も親切で入力しやすいのでスマホでもストレスなくできると思います。免許証の写真アップもスマホの方が手っ取り早いです。

難点はステーション数が首都圏以外は少ないという点(首都圏には強いです)と免許取得後1年未満の場合は入会が出来ない点です。

サービスとしては言うことないですが、自宅近くにステーションがなければ使えるシーンが極端に減るし、免許取得してすぐの入会はできないので総合力は№2です。

ランキング3位 dカーシェア

安さ      ★★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★★

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が0円で時間単価も比較的安いのですが、 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」 というのが最大の難点です。(カレコやタイムズは予約時間より早く返すとその分安くなる)

独自のステーションは持っておらず提携しているオリックスカーシェアのステーションで利用できます。

ステーションはそれほど多くないのですが、個人間カーシェア(マイカーシェア)というdカーシェア独自のサービスを展開しています。 個人間カーシェアは他会員のクルマを借りるができるので、ステーション数の少なさをマイカーシェアで補うことが出来るかも知れません( ちなみにマイカーを貸してお金を稼ぐこともできます) 難点も多いですが、良い点も多い会社なので総合力は№3です。

【番外】 オリックスカーシェア

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★

→オリックスカーシェア公式サイト

使い勝手は業務提携しているdカーシェアのカーシェアリングと同じです。 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」という大きな弱点があります。

月額基本料金が0円となる個人Bプランもあるのですがdカーシェアより時間単価は高いので、dカーシェアに入会する方がお得です。 オリックスカーシェアに入会するなら月額基本料金が発生するけど時間単価が安い個人Aプランです。

dカーシェアのような魅力的な独自サービスがなく、難点も多いオリックスカーシェアですが基本的なカーシェアリングとしての機能は満たしていますので、 自宅近くにステーションがあれば検討の価値アリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*