標識を忘れたペーパードライバーへ 絶対覚える超重要な標識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕はペーパードライバー歴10年でしたが、標識を一方通行位しか覚えておらず、ほぼ完全に忘れてました。 クルマは走る凶器と良く言われますが、正にその通り。 クルマを運転しなければ人を殺してしまうことはほとんどないかと思います。 事故の被害者・加害者にならないためにも。最低限の標識と図と意味は理解してクルマを運転しましょう。

ただ、標識はたくさんあるので、すべて覚えようとすると本当に覚えなければいけないものがボケてしまいます。 今回は運転する上で絶対覚えていないといけない命に関わる危険な標識に絞ってご紹介します。 この標識の図と意味は、必ず覚えてから運転しましょう。

絶対覚えておかなければ、命に関わる危険な標識

絶対覚えておかなければ、命に関わる危険な標識をまとめました。 これらを覚えていれば安全というわけではないです。 他にも重要な標識はいくつかありますが、ここに出てくる標識は本当に重要な標識なので、 しつこいようですが、この標識の図と意味は必ず覚えてから運転しましょう。

  • 車両進入禁止

    車は進入できない。一方通行の出口などに設置されている。 進入すると逆走となり、正面衝突の可能性アリ!

  • 一方通行

    車は矢印の示す方向のみ通行できる。 逆走すると、正面衝突の可能性アリ!

  • 一時停止

    車・路面電車は停止線の直前で一時停止しなければならない。 停止線がないときは交差点(標識)の手前で一時停止。 停止しないと、衝突の可能性アリ!危険な箇所に設置されているので、 赤信号と同じ位の意識でいた方が良い。

  • 指定方向外進行禁止

     など

    車は矢印の方向のみ進行できる。 指定方向外に進行すると、衝突の可能性アリ!

  • 車両通行止め

    自動車・原付・軽車両は通行できない。 ここで言う軽車両は自転車も含む。 車が来ない場所のため、通行すると加害者になる可能性アリ!

まとめ

他にも標識はたくさんありますが、まずはここに出てきた標識を完全に理解しましょう。

  • クルマは走る凶器と肝に銘じて運転する
  • 最低限の標識を理解してクルマを運転しなければ、事故の被害者・加害者になることもある

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、各社似たり寄ったりの料金体系やサービス内容なので、自宅の近くにステーションがある会社を選びましょう。

近所にある可能性の高いカーシェア会社順にランキングしてみました。(2017年現在)

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 ステーション数ランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数…9,091か所

市場の7割を占める業界最大手で、圧倒的なステーション数。 家の近所にある確率が一番高いのは、このタイムズカープラスです。

>>タイムズカープラス 4つの入会方法を比較!必要書類も要チェック!

ランキング2位 オリックスカーシェア dカーシェア

ステーション数…1,531か所

  • オリックスカーシェア

    業界最古参 2017年にdカーシェアと業務提携しました。独自サービスも展開してます。

  • dカーシェア

    2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。 独自のステーションは持っておらず、オリックスカーシェアと提携してます。ドコモ携帯の契約者以外も入会でき、 月額基本料金がずっと0円です(他社はキャンペーン期間中のみ0円)

ランキング3位 カレコ【careco】

ステーション数…1,159か所

首都圏に強く、伸び率が高い。オリックスカーシェアを追い抜く勢いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*