標識を忘れたペーパードライバーへ 絶対覚える超重要な標識!

交通標識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

僕はペーパードライバー歴10年でしたが、標識を一方通行位しか覚えておらず、ほぼ完全に忘れてました。 クルマは走る凶器と良く言われますが、正にその通り。 クルマを運転しなければ人を殺してしまうことはほとんどないかと思います。 事故の被害者・加害者にならないためにも。最低限の標識と図と意味は理解してクルマを運転しましょう。

ただ、標識はたくさんあるので、すべて覚えようとすると本当に覚えなければいけないものがボケてしまいます。 今回は運転する上で絶対覚えていないといけない命に関わる危険な標識に絞ってご紹介します。 この標識の図と意味は、必ず覚えてから運転しましょう。

スポンサーリンク

絶対覚えておかなければ、命に関わる危険な標識

絶対覚えておかなければ、命に関わる危険な標識をまとめました。 これらを覚えていれば安全というわけではないです。 他にも重要な標識はいくつかありますが、ここに出てくる標識は本当に重要な標識なので、 しつこいようですが、この標識の図と意味は必ず覚えてから運転しましょう。

  • 車両進入禁止

    車は進入できない。一方通行の出口などに設置されている。 進入すると逆走となり、正面衝突の可能性アリ!

  • 一方通行

    車は矢印の示す方向のみ通行できる。 逆走すると、正面衝突の可能性アリ!

  • 一時停止

    車・路面電車は停止線の直前で一時停止しなければならない。 停止線がないときは交差点(標識)の手前で一時停止。 停止しないと、衝突の可能性アリ!危険な箇所に設置されているので、 赤信号と同じ位の意識でいた方が良い。

  • 指定方向外進行禁止

     など

    車は矢印の方向のみ進行できる。 指定方向外に進行すると、衝突の可能性アリ!

  • 車両通行止め

    自動車・原付・軽車両は通行できない。 ここで言う軽車両は自転車も含む。 車が来ない場所のため、通行すると加害者になる可能性アリ!

スポンサーリンク

まとめ

他にも標識はたくさんありますが、まずはここに出てきた標識を完全に理解しましょう。

  • クルマは走る凶器と肝に銘じて運転する
  • 最低限の標識を理解してクルマを運転しなければ、事故の被害者・加害者になることもある

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジ検討中の方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

Comments are closed.