カーシェアリングとレンタカーの違い!仕組みとメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カーシェアリングとは、 会員間で車を共同使用(シェア)するサービスのことで、 基本的に無人のサービスです。 これがカーシェアリングと一般のレンタカーの決定的な違いです♪

  • カーシェアリング

    無人レンタカーサービス(会員のセルフサービス)

  • 一般のレンタカー

    有人レンタカーサービス(店員がサービス)

ということなんです。 カーシェアリングとレンタカーと比較しながら、なるべくわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

カーシェアリングの仕組み・特徴

無人サービスのため、会員登録が必須

クルマを会員間でシェアするのがカーシェアリングです。 つまり、カーシェアサービスに入会して会員になることが必須条件となります。 基本的に無人のサービスとなるため、 借りる自動車の解錠は、会員カード等で行います。 発車時は自分の会員カードで解錠し、乗車します。 乗車後は、車の中にある車のキーを使用してエンジンなどをかけます。 カーシェアリングは無人のため、事業者側は人件費を削減できるので、 安い利用料金でサービスを提供できているのだと思います。 また、カーシェアの車の駐車場はステーションと呼ばれています。

  • カーシェアリング…会員のみ利用できる。発車時は会員カードで自ら解錠する
  • レンタカー…1見(いちげん)さんも利用できる。発車時は店員が解錠する
スポンサーリンク

カーシェアリングのメリット

短時間の利用が安い

課金される時間の単位が短いため、 短時間の利用ではレンタカーよりカーシェアリングの方が安くなります。 メリットはこれに尽きるのではないでしょうか。 時間単位は概ね15分単位で200円程度 長時間の利用ではレンタカーに軍配があがることが多いですが、カーシェア各社で長時間パックも整備されつつあります。

  • カーシェアリング…短時間の利用が安い
  • レンタカー…長時間の利用が安い(1回の利用料は高い)

ガソリン代の別途支払いが不要

ガソリン代はカーシェア料金に含まれているため、別途支払いは不要です。 車内に備え付けられている給油カードをガソリンスタンドで使用します。

  • カーシェアリング…ガソリン代の別途支払いが不要
  • レンタカー…ガソリン代の別途支払いが必要
スポンサーリンク

カーシェアリングのデメリット

乗り捨て出来ない

残念ながら乗り捨てサービスを実現している事業者はほとんどなく、 1部の試験運用に限られています。(2017年5月現在) レンタカーは基本的には乗り捨て出来ます。 カーシェアリングで乗り捨て出来ない理由として、 場所の確保、車両の確保を考えると利益を上げる事が難しいためと考えられます。

  • カーシェアリング…乗り捨て出来ない
  • レンタカー…乗り捨て出来る

月額利用料がある(個人会員の場合)

個人会員の場合、概ね1000円程度の月額固定料金が課金されます。 この1000円程度の月額固定料金は、車の利用料金として使えることが一般的で、 各事業者は、実質0円を謳っています。 また、 法人会員(会社等)か学生会員の場合、月額利用料が0円となることが一般的です。

車が汚い(ことが多い)

車を会員間でシェアしているため、汚れもシェアされます。 清掃は会員のモラルに委ねられているので、基本的には清潔感はありません。 車内の備品にコロコロとかが用意されています。

  • カーシェアリング…車が汚い(会員のモラル次第)
  • レンタカー…車がきれい(店員が清掃)
スポンサーリンク

カーシェアリングとレンタカーの違い

カーシェアリングとレンタカーの違いをまとめてみました。

カーシェアリング

会員のみ利用できる。

発車時は会員カード等で自ら解錠する

短時間の利用が安い

乗り捨て出来ない

ガソリン代の別途支払いが不要

車が汚い(ことが多い)

レンタカー

1見(いちげん)さんも利用できる。

発車時は店員が解錠する

長時間の利用が安いが1回の利用料は高い

乗り捨て出来る

ガソリン代の別途支払いが必要

スポンサーリンク

おまけ

カーシェアリングは、広い意味ではレンタカーサービスの1形態となり、 レンタカー型カーシェアリングと言います。 このサイトではレンタカー式カーシェアリングを単にカーシェアリングと呼んでいます。

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

どのカーシェア会社でも基本的に発生する費用は、月額基本料と15分200円程度の利用料のみです。
保険料・ガソリン代・メンテ代(車検等)は不要となるので、劇的に維持費を節約できます!

お試し入会したい人も「入会後に即退会しても余計な違約金は発生しません」ので安心ですよ。
もしカーシェアが性に合わなければ、退会すればOKです。

カーシェア各社の特徴を踏まえたおすすめランキングをどうぞ!

カーシェア会社の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポビューラーな個人プランのベーシック車種の利用料は、15分で206円。

個人プランは月額基本料金が1030円ですが、月額基本料は利用料金として使えるので実質無料。
この無料利用料金は繰越しできないのですが、もったいないから1030円分使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果があります。

使い勝手もGoodです。

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし

全国的に一番使えるカーシェア会社と言えるでしょう。
僕自身タイムズカーシェアのユーザですが、3年間利用して特に不満はありません。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポビューラーなベーシックプランのコンパクト車種の利用料は、10分で130円。

ベーシックプランの月額基本料金が980円ですが、月額基本料は利用料金として使えるので実質無料です(繰越しは不可)
月額基本料無料プランもありますが、時間単価が10分160円と割高となります。
定期的に使うなら無料利用分もあるベーシックプランがおススメです。

使い勝手はとてもGood!

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは除く)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富

ステーション数は首都圏に集中しています。
また、免許取得後1年未満は入会できないので注意しましょう。

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

dカーシェアは月額基本料が無料。

独自のカーステーションは持っておらず、提携先のオリックスカーシェア・カレコ・カリテコのカーステーションで利用できます。
この3社分のステーションが利用できて月額基本料が無料なのがdカーシェアの強みです。
注意点は、利用するカーステーションによって課金の扱いが違うところ。

利用ステーション別の時間単価です。

  • オリックス利用:15分220円
  • カレコ利用:10分160円
  • カリテコ利用:15分206円

早期返却やキャンセルの課金の扱いも利用先ステーション(提携先)により異なります。
この辺の課金の扱いがややこしいトコです。

【番外編】マイカーからカーシェア生活

マイカー生活からカーシェア生活へシフトチェンジをお考えの方は、クルマが相場より高値で売れやすい無料一括査定はいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る