カーシェアで利用するチャイルドシートの選び方 新生児でも安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

「赤ちゃんが生まれても、カーシェアは利用できるの?」

→答えは、Yesです。

「じゃぁ、タイムズのカーシェアは、チャイルドシートはおいているの?」

→答えは、Noです。

カーシェアの常備としてジュニアシート(4歳位〜使用)はおいていますが、新生児に適合するようなチャイルドシートは基本的にはおいていません。赤ちゃんが生まれたらチャイルドシートを個人で用意する必要があるのです!

「じゃぁ、カーシェアではどんなチャイルドシートを選べばいいの?」

→この記事で詳しく解説していきますね♪

スポンサーリンク

カーシェア用のチャイルドシートの選び方

下記の3点を満たしているチャイルドシートをオススメします。

  • シートベルト式
  • 軽い
  • 安い

オススメする理由を、それぞれご説明いたします。

シートベルト式

シートベルトで3点を固定して使用するポピュラーなチャイルドシートです。 3点式シートベルトや3点固定式とも呼ばれています。

カーシェアは、多数の車種がありますので、 チャイルドシートも多様な車種でも適合するベーシックなものを用意したほうが良いです。

チャイルドシートにはシートベルト式ともうひとつISOFIX式がありますが、多様な車種でも適合するのは、シートベルト式のチャイルドシートです。

これがシートベルト式をオススメする理由です。

本当に適合しているかどうかは、チャイルドシートのメーカーのサイト等で車種適合表を確認する必要はあります。自分が良く借りるカーシェアの車が、適合するか調べてから購入した方が良いでしょう。

ISOFIX式のチャイルドシートをオススメしない理由

ISOFIX式のチャイルドシートは、シートベルトではなく、カチッと止めるタイプのチャイルドシートです。 適合しない車種もあると思いますし、慣れるまでは取り付けに苦労すると思いますのであまりカーシェアの利用にはオススメしません。 (良く利用する車がISOFIXに適合している場合は、検討の価値はアリです)

軽い

カーシェアなので、チャイルドシートは、利用のたびに付け取り外しを行なうことになります。 重いチャイルドシートでは、取り付けの度に苦労すると思いますので、なるべく軽いものを選びましょう。 4~7kg位迄を目安に選んでいけば大丈夫だと思います。

また、軽すぎるものは新生児のみしか対応していないケースもありますので 注意して選びましょう。

安い

カーシェアは自分のクルマではないので、チャイルドシートは安くて信頼のおけるメーカーのものを選んでも良いと思います。 (高くても良いと思う方もいらっしゃると思いますが、カーシェア利用を考える人は節約を重視する方が多いと思うので)

僕は赤ちゃんを乗せてカーシェアで車を利用することに備え、1万円位で「ネディプラスNR」を購入しました。 リーマン製の西松屋モデルのベビーシート・チャイルドシート兼用タイプです。 兼用タイプのため、適用年齢は新生児から4歳まで幅広く、 4歳位になるとジュニアシートへ移行できると思い購入しました。 まだ未使用ですが、リーマン社製なので作りもしっかりしてそうです。 (使用後は、またレビューしていく予定です)

↓ネディプラスNRは今はネット販売してないようなのでご参考までに似たモデルをリンク致しますね


リーマン チャイルドシート ネディ ライフ 新生児 日本製 メーカー直販 送料無料 国内製 ベビーシート Neddy Life 0〜4歳 メーカー保証2年 カーシート


リーマン チャイルドシート ネディ エルフ 新生児 日本製 メーカー直販 送料無料 国内製 ベビーシート Neddy Elf 0〜4歳 メーカー保証2年 カーシート

スポンサーリンク

3点式シートベルトチャイルドシートの付け方 (新生児の場合)

画像の例は、チャイルドシートとベビーシートが兼用のものです。

新生児の場合、座席は後ろ向きで以下の感じで取付けます。 必ず、後部座席で使用してください。 前座席だと事故時のエアバックの影響で赤ちゃんが被害を受けてしまう可能性があるためです

では、付け方の流れです。 (ちなみに画像は、僕が購入したチャイルドシートの類似品です)

ポイントはい。スタート

下矢印

下矢印

下矢印

下矢印

はい。ゴ~ル!! なんとなくわかりましたでしょうか? (説明不足ですみませんっ)

スポンサーリンク

なぜ、チャイルドシートが必要なの?

そもそも、なぜチャイルドシートが必要なのでしょうか?

→それは、法律で装着を定められているからです。

法律で、6歳未満の幼児はチャイルドシートの使用を義務づけられています。

また、クルマのシートベルトは身長約140cm以上の体型に対して有効な働きをします。 140cmを満たないと、シートベルトで首を絞めてします恐れがあり危険なのです。 年齢が6歳を超えても、まだ身体の小さな子供にはジュニアシートを使うようにしましょう。

カーシェアにベビーシート・チャイルドシートは常備されておりませんが、 ジュニアシートは、1つ常備されています。

↓ジュニアシートはこんな感じで常備されています。

カーシェア ジュニアシート

傘・初心者マーク・掃除用のコロコロとかも置いています。

ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの違いは?

違いはざっくりこんな感じです。

  • 乳児…ベビーシート。
  • 幼児…チャイルドシート。
  • 学童…ジュニアシート

となります。

広い意味では、これらを3つを総称してチャイルドシートといいます。

ベビーシート

  • 適用年齢…新生児~1歳頃
  • 適用体重…10kg未満

首の座らない時期での使用となるため、 寝かせた姿勢での使用します。

取り付け向きは、車の進行方向に対して、 後向きまたは、横向き(ベッドタイプ)となります。

チャイルドシート

  • 適用年齢…1歳~4歳頃
  • 適用体重…9~18kg以下

自分で座ることが出来る様になってから使用します。

取り付け向きは、車の進行方向に対して、前向きとなります。

ベビーシート・チャイルドシート兼用タイプ

ベビーシートとチャイルドシートを兼ねたチャイルドシート。適用年齢・体重も概ね両方を兼ねるのでコストパフォーマンスが良いです。

ただし、新生児には少し大きいと思うので、首の周りにタオルを詰めるて固定させるなど工夫も必要です。

適用年齢・体重に従って取付向きを変更して使用します。

ジュニアシート

  • 適用年齢…4歳~10歳頃
  • 適用体重…15~36kg以下

タイムズカーシェアでは、ジュニアシートのみ常備されています。

おしりに敷くことで、座高を高くし車のシートベルトを使用できるようにするものです。

ジュニアシートを使用する際に最低限必要な身長は100cmからです。

多くのジュニアシートの適用年齢は3歳または15kgから使用が可能と書かれているようですが、 100cmを満たない子供はジュニアシートを装着しても大人用のシートベルトに必要な140cmに到達しないため、 万が一の時にシートが首に絡まる恐れがありますので危険です。

子供が100cmに満たない場合は、チャイルドシートを使用しましょう。

スポンサーリンク

チャイルドシートを使用しなかったら(違反してたら)どうなるの?

チャイルドシートの使用義務違反となった場合は、 運転免許の取り消しや免許停止処分の基準となる点数が1点付加されることとなりますが、反則金はありません。

スポンサーリンク

タクシーやバスはチャイルドシートを使用しなくても良いのはなぜ?

バスやタクシーが顧客である幼児を乗せる時は、使用義務が免除されます。

しかし、安全性の面からタクシーでもチャイルドシートは装着した方がベターと思います。

チャイルドシートを持ち込んでの取り付けはOKのタクシー会社が多いと思うので、ケースバイケースでタクシーに取り付けてみてもいいかも知れませんね。

あと、チャイルドシートを用意してくれるタクシー会社もあります。

例えばコチラ

スポンサーリンク

カーシェアの車のために、なんでイチイチ買わなあかんのじゃい!

「カーシェアやのに、なんでイチイチ買わなあかんのじゃい!」

「そうですね。納得できない。気持ちはなんとなくわかります。」

「そうじゃろ。買うのがバカバカしいじゃろ。めんどくさいしのぅ。」

「買ったら、売ればいいんです! 僕はメルカリで出品する予定です」

「おぉ、そんな手もあるんか。ちょっとだけ検討してみようかのぅ。」

「売ることを考えて、説明書やダンボールなどは残しといた方が良いですよ。」

「Oh~了解!」

スポンサーリンク

まとめ

  • タイムズカーシェアはチャイルドシートを常備していない
  • 6歳までは、チャイルドシートの装着を法律で定められている
  • チャイルドシートを個人で用意して、カーシェアの車にセットする必要がある
  • 用意(購入)するチャイルドシートは、シートベルトで固定する軽いタイプを選ぶと良い

僕は二人目の子供の誕生に伴い 『カーシェアを利用する場合のチャイルドシート選び方』について調べた内容を今回記事にいたしました。

少しでもお役立てできたら幸いです。

格安でペーパードライバー脱出!
月額基本料が実質無料のタイムズカーシェア

タイムズカーシェアでペーパードライバーを脱出できた僕の具体例をご紹介いたします。

僕は10年間、車の運転をせずに暮らしていたペーパードライバーでした。
結婚し子供が生まれ、車がない不便さを痛感する毎日。
旅行も電車だと重い荷物も持たなければならず移動がめっちゃ大変!
車の持たない親父は、家族の中で肩身の狭い思いをして暮らしていました。

そこで、僕は決意します。

『家族を車に乗せてキャンプに行くぞ!』

10年間車に乗ってない僕は、車に乗ることがどうしようもなく不安。
ペーパードライバー講習を真っ先に考えましたが、2時間で1万〜2万円もするコスパの低さにウンザリ…
そんな時出会ったのがタイムズカーシェアでした。

『カーシェアリングって何者?』

と思いましたが、とりあえず内容を確認してみると…

  • 15分206円で利用できる!
  • ガソリン代込み!
  • 保険代込み!
  • メンテ不要!

と驚きのコスパと簡単さ。
月々1000円の基本料金はかかるけど、スマホの通話代無料利用分のように利用料金に割当てできるので実質無料。

実質無料1000円分を利用時間に換算すると1時間15分。

僕は直感的にビビッときました。

月に1時間15分を細切れに練習すれば、少しづつ運転が上達するカモしれない。

『月額1000円でペーパードライバー脱出だ!』

と考え、即入会しました。

使い方がややこしいと思ってたのですが、スマホで簡単に予約できて、予約したステーションまで行って車に乗るだけ。
アホな僕でもすぐわかりました。

そして、ペーパドライバーだった僕がとったカーシェアでのペーパドライバー脱出作戦はこんな感じです。

  • 免許更新時にもらう運転教本で標識などを復習
  • 慣れるまで車庫の出し入れのみ行う
  • 少し慣れてきたらちょっとだけ周りを運転する
  • 徐々に運転時間を長くする

こうすることで、いつの間にか半年後にはペーパードライバーも脱出できていました。
目標だった”車で一泊二日の家族キャンプ”にも行けるようになり、肩身の狭い思いをすることもなくなったのです。

僕の場合は、自宅の近くにはタイムズカーシェアがあったのでタイムズを選びました。
他にもカレコやdカーシェアなどがあります。 まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカーシェア

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る