長距離がレンタカーよりカーシェアリングがお得になるケースとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お盆のドタバタ家族旅行。今年の行き先は白浜です。 大阪から近いってことには変わりませんが、去年の淡路島に比べて少し距離があります。 カーシェアで磨いた1年間のドライビング成果のみせてドコロやー!(でも本当はかなり不安)

近場の旅行とはいえ、普段の車使用より格段に長距離の運転になりますよね。 長距離の運転は、一般的にはレンタカーがお得と言われていますが、実はカーシェアの方がお得になるケースもあるんです。

トヨタレンタカーの料金が高くなってる?

借りる車は、去年と同じくトヨタレンタカーでヴィッツを利用しようと思ってトヨタレンタカーのサイトを見たところ、

「ん。去年よりなんか高くなってる?」

料金シミュレーション画面では、1泊2日で1万9千円位になってました。 お盆料金なので割高なのですが、同じ時期に旅行した去年と比較しても、 「高くなっている」と直感的に思いましたので、とりあえずトヨタレンタカーで予約するのは一旦保留して他のレンタカー会社を探すことにしました。

事故したときなどに利用する免責オプションも、今年から2段回に変更されているような気がしました。 去年の免責オプションは1000円程度で1つだけだったような。。。正確にはおぼえていないので参考までとしてください。すみませんm(_ _)m

ちなみに去年の旅行はこちらです。良ければどうぞ♪

>>ペーパードライバーがカーシェアで練習し、レンタカーで家族旅行!

タイムズレンタカーの料金は安いけど、車種が。。。

トヨタレンタカーをパスしたので、まず最初にあがった次の候補は、タイムズレンタカーです。

なぜかといいますと、 タイムズカープラスに入会すると自動的にタイムズクラブのプラチナ会員になり、 タイムズカーレンタルでのレンタカーがお得に利用できるからです。 最大でどれだけ安くなるかといいますと。。

タイムズカープラス会員は、 レンタカー基本料金から最大25%OFF(車種指定は20%OFF) 更に前夜サービスタイム提供(追加料金なしで前日夕方から出発可能)

となり、かなりお得です。 ただ、ペーパードライバーに毛が生えた程度で赤ちゃんも同乗する僕の場合、 レンタカーする車種に注意する必要がありました。

いくら安くても長期運転の旅行で慣れないクルマを運転して事故ってしまっては元も子もありません あと、いつもと違う車種をレンタルすると持っているチャイルドシートと合わない可能性もあります(特にコンパクトカー。狭いので)

>>初心者はカーシェア・レンタカーで相性の良い車種を選んで運転練習♪

>>新生児用のチャイルドシート設置で角度が水平にならない原因は?

そういうことで、僕はレンタル車種を相性が良くて運転に慣れているトヨタのヴィッツに絞ってました。 タイムズレンタカー全体ではヴィッツを取り扱ってますが、悲しいことに最寄りの店舗では取り扱ってませんた。泣く泣くタイムズレンタカーはあきらめることに…(T_T)

ただ、 タイムズカープラス会員の場合、タイムズレンタカーの料金設定はトヨタレンタカーと比べて格段に安くなるので、 車種にこだわりがなく、近くに店舗がある場合はタイムズレンタカーをオススメします!

タイムズカープラス24時間以上の超長時間パック登場!

どうしようかと思っていたら、 タイムズカープラスでなんと 36時間パック・48時間パック・60時間パック という24時間以上のパックを期間限定ですがやっているではありませんか!

早速料金を調べると

  • 36時間パック 11,000円(税込)
  • 48時間パック 13,000円(税込)
  • 60時間パック 18,000円(税込)

    ※注)距離料金として1kmあたり16円が別途発生します。

これらのパックは2017年8月末まで限定キャンぺーンだったのですが、2018/3/末まで継続が決定!(2018/2月時点)  おそらくこれからもキャンペーン延長は続いていきそうな気がします(タイムズさん!正式に長時間パックの採用を是非お願いします!)

「36時間パックで11000円! お盆なのに安いっ!」

タイムズカープラスの超長時間パックはお盆でも値上げされません。これはお得。 距離料金が1kmあたり16円が別途発生しますが、ガソリン代と思えばレンタカーと同じです。 いつもタイムズカーシェアで利用しているヴィッツを使えるので車種も問題なし! 更に、よ~く見ると48時間パックと36時間パックは2000円しか変わらへんやないですか。

僕は、自宅に駐車スペース(ちなみにいつもは未使用。もったいない!)を持っていますので、 48時間パックで前日の夜に借りて、ゆっくり準備して出発日は自宅から出発することにしました!

自宅から出発するのはちょっとマイカー気分を味わえて、かなり気持ちよかったです(^^♪ 1泊2日だから出発当日のレンタルでいいよ。という人は36時間パックでも良いだと思います。2000円も馬鹿になりませんからね!

36・48時間パック 1泊旅行のかしこい使い方

48時間パックでラクラクコース【13000円】

【お盆 例1】出発前日に借りて、自宅からラクラク出発する

はい。スタート!

  1. 8/11 8:00出発(ステーション)

    夜に借ります。

  2. 自宅でゆっくりと旅の準備する

    荷物の詰込や三角版や発煙筒チェック、ETC挿入など。

  3. 1泊(自宅)
  4. 8/11 8:00出発(自宅)

    朝、自宅から出発♪

  5. 1泊(旅先)
  6. 8/12 20:00到着(ステーション)

    おつかれさまでした〜♪

 36時間パックで節約コース【11000円】

【お盆 例2】出発当日に借りてバタバタするが節約できるケース

はい。スタート!

  1. 8/11 8:00出発(ステーション)

    朝、借ります。

  2. 自宅に戻ってバタバタと旅の準備する

    荷物の詰込や三角版や発煙筒チェック、ETC挿入など。

  3. 1泊(旅先)
  4. 8/12 20:00到着(ステーション)
  5. おつかれさまでした〜♪

ちなみに、 60時間パックも15000円と魅力的なのですが、 これは2泊3日や3泊4日用のパックです。 僕は1泊2日の旅行なので、60時間パックはさすがに持て余すからパスしました。

旅行でタイムズカーシェアの36・48・60時間パックを利用するメリット

  • お盆の時期でも料金は変わらない

    旅行といえば、会社員ならばお盆・お正月・GW(ゴールデンウィーク)といったところですよね。 これらの時期はレンタカーの繁忙期(カキイレドキ)です。 なので、繁忙期はレンタカー会社は各社強気の割高料金設定になっています。 しかし、タイムズカーシェアの36・48・60時間パックの料金は時期に変わらず固定なのです。

    ということは。。。

    お盆・お正月・GWに36・48・60時間パックを利用するとお得! ということになります。 24時間以上の超長時間パックは8月(お盆)から期間限定で開始されたのですが、今後も続く可能性があります。 このパックが継続(もしくは正式にパック化)すれば、正月・GWも狙い目ですね。

  • 前日から余裕をもって借りやすい

    36・48・60時間パックの料金差が2000円しか違いません。 なので、自宅に駐車スペースがある方は、実際の旅行時間より12時間長めのパックを選択して、旅の出発前日から自宅車庫に止めておくと、 出発前日に、しっかりと車の準備することで、不安を解消して余裕が生まれ、 旅行当日は、自宅から気分よくマイカーのように出発できます。

  • TCP安心保証サービスが309円でかなり安い!

    長期旅行では事故の可能性が当然高くなります。 レンタカーでは、事故時のペナルティやトラブル時の実費免除オプションは1000円前後するのですが、タイムズカーシェアではレンタカー同じような免除オプションがTCP安心保障サービスとして309円ポッキリで加入できるのです。 カーシェアは短時間利用がメインのため309円の安め設定になっているのだと思います。 長時間パックも309円なので、これはお得です!!

    以下、TCP安心保障サービス加入で免除されるペナルティ(NOC)と実費の主な項目です。

    • 自損事故時のペナルティ免除 2万円(自走可能)、5万円(自走不可)
    • タイヤパンク(実費免除)
    • バッテリーあがり(実費免除)
    • キーインロック(実費免除)
    • ガス欠(実費免除)
    • 自走不可レッカー代(実費免除)

    ※実際にはバッテリー上がりやキーインロックが多いみたいです。

  • 【番外編】傷のチェックが甘い?

    レンタカーの場合、車の傷は店員にきっちりとチェックをされます。 タイムズカープラスは無人なので、傷のチェックも会員同士のチェックになります。1cmくらいのこすり傷は、古い車種なら結構あります。 ってことはカーシェアは車の傷はあまりチェックされない って事?

    実は。。。その通りです。

    本当は申告すべきなのでしょうが、わざわざ細かいキズで申告する人は少ないということでしょう。 レンタカーほど細かい傷に神経質にならずに済むというメリットもありそうです。 また、仮に自損となってもTCP安心保障パックに入っていればペナルティもありません。

今回はちょっと長くなったのでこの辺で! 次回は、僕が出発前日に準備して良かった三角版とETCカードについてです。

>>ペーパードライバーがカーシェアでいきなり高速道路運転の前に確認!

まとめ

  • お盆はタイムズカーシェアの長時間パックお得♪
  • TCP安心保証サービスが309円でかなり安い♪
  • タイムズカープラス会員の場合、タイムズカーレンタカーが割安♪
  • 運転初心者は、レンタル料金が少し高くなっても慣れたクルマで運転した方が良い!

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★★★

独自サービス  ★★★★

ステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。

使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

唯一の弱点は月額基本料金が0円になる個人プランが無い点ですが、月額基本料は利用料金として使えますので、定期的に使用する場合は実質無料となる場合が多いです。また、入会キャンペーンで月額基本料が2ヶ月だけ無料になることもあります。総合力は№1と言えるでしょう。

ランキング2位 カレコ【careco】

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★

使い勝手はとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。 カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

2018年4月24日より「月会費無料プラン」が開始されており、 車種のラインナップも豊富・時間単価もまぁまぁということでコスパは抜群に良いです。

ネット入会画面も親切で入力しやすいのでスマホでもストレスなくできると思います。免許証の写真アップもスマホの方が手っ取り早いです。

難点はステーション数が首都圏以外は少ないという点(首都圏には強いです)と免許取得後1年未満の場合は入会が出来ない点です。

サービスとしては言うことないですが、自宅近くにステーションがなければ使えるシーンが極端に減るし、免許取得してすぐの入会はできないので総合力は№2です。

ランキング3位 dカーシェア

安さ      ★★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★★

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が0円で時間単価も比較的安いのですが、 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」 というのが最大の難点です。(カレコやタイムズは予約時間より早く返すとその分安くなる)

独自のステーションは持っておらず提携しているオリックスカーシェアのステーションで利用できます。

ステーションはそれほど多くないのですが、個人間カーシェア(マイカーシェア)というdカーシェア独自のサービスを展開しています。 個人間カーシェアは他会員のクルマを借りるができるので、ステーション数の少なさをマイカーシェアで補うことが出来るかも知れません( ちなみにマイカーを貸してお金を稼ぐこともできます) 難点も多いですが、良い点も多い会社なので総合力は№3です。

【番外】 オリックスカーシェア

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★

→オリックスカーシェア公式サイト

使い勝手は業務提携しているdカーシェアのカーシェアリングと同じです。 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」という大きな弱点があります。

月額基本料金が0円となる個人Bプランもあるのですがdカーシェアより時間単価は高いので、dカーシェアに入会する方がお得です。 オリックスカーシェアに入会するなら月額基本料金が発生するけど時間単価が安い個人Aプランです。

dカーシェアのような魅力的な独自サービスがなく、難点も多いオリックスカーシェアですが基本的なカーシェアリングとしての機能は満たしていますので、 自宅近くにステーションがあれば検討の価値アリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*