タイムズカーシェアのインターネット入会で会員カードを自宅で受取♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるか各カーシェア会社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索が行えます(dカーシェアは左上のdcarshareをクリック)

カーシェアリングに入会したいけど、時間がない人も多いと思います。 そんな方におすすめなのが、タイムズのカーシェアリング「タイムズカープラス」のインターネット入会!!  自宅で会員カードを郵送で受取る方法です。最短5営業日でカード発送されます。

インターネット入会して自宅で会員カードを受取り、カーシェアを利用するまでの具体的な手順についてご説明いたします♪

インターネット入会に向いている人

時間のない人   ★★★★★

早く使いたい人  ☆☆☆

良く確かめたい人 ☆☆☆

  • 会員カード
    • WEB申込の受理後、最短5営業日でカード発送
  • メリット
    • 自宅に会員カードが郵送で届く。WEBのみで完結するので、どこにも行く必要がないのでラク
  • デメリット
    • 会員カードが届くまで時間がかかるので、すぐに利用できない
    • アップロード用画像の用意がちょっと面倒くさい

※クイック入会では、即日利用もできます。

今すぐカーシェア利用したい人には「クイック入会」の方がオススメです。 WEBで入会申込後、店舗まで取りに行くことで即日利用可能です。

>タイムズカーシェアのクイック入会&店舗受取で即日カード発行!

インターネット入会でカーシェアを利用する手順

  1. アップロード用の免許証画像を用意

    インターネット入会では、免許証をネットでアップロードしますので、アップロード用の画像を事前に用意します。

    免許証は表・裏の両面のアップロードが必要です。

    詳細は、このページの入会で用意する書類へどうぞ

  2. WEBでインターネット入会の申込

    タイムズカープラスの公式サイトよりインターネット入会します。

    詳細は、このページのインターネット入会の方法へどうぞ♪ (画像でご説明)

  3. 会員カードの郵送受取り

    タイムズーカープラスより、郵送で会員カードが届きます。

    申込受理後、最短5営業日で郵送されます。

  4. カーシェア予約&利用

    カードを受け取ると、いつでもカーシェアを利用できます。

    タイムズカープラスの具体的な使用方法はこちら♪
    >「タイムズカーシェアの使い方♪ 鍵はどこ?予約・出庫・返却方法は?」

入会で用意する書類

必須書類と任意書類をまとめました。

必須書類

どんな入会方法でも必ず必要になる書類です。

  • 【書類1】運転免許証

    申込者の運転免許証。あったりまえ~!ですね♪

    ※インターネット入会の場合、店舗に行かないで自宅で手続きするので、運転免許証はアップロード用の画像(両面)が別途必要ですが、クイック入会は画像不要です。

  • 【書類2】クレジットカード

    本人名義のもの(VISA・JCB・AMEX・MASTER・DINERS・EPOS)が利用可能

  • 【書類3】携帯電話番号

    申込者(運転者本人)の携帯電話番号

  • 【書類4】メールアドレス

    申込者(運転者本人)のメールアドレス。 携帯各社のメールアドレスのほか、大手のフリーメール(gmail・yahooメール・hotmail等)も利用可能。

別途書類が必要なケース

殆どの場合、上記に挙げた4つが必須書類のみを用意しておけはOKですが、別途書類が必要なケースもあります。 例として2ケースあげておきますね♪

  1. 学生プランの場合

    学生証が別途必要です。

    ※インターネット入会の場合、店舗に行かないで自宅で手続きするので、運転免許証はアップロード用の画像が別途必要ですが、クイック入会は画像不要です。

  2. 運転免許証記載の住所が現住所と異なる場合

    現住所の確認書類として、下記のいづれかが別途必要です。

    ※インターネット入会の場合、店舗に行かないで自宅で手続きするので、運転免許証はアップロード用の画像が別途必要ですが、クイック入会は画像不要です。

    • 公共料金の領収書もしくは請求書
    • 保険証(住所が手書きの場合はボールペン等で記入されていること)
    • 住民票の写し(本籍・マイナンバーの記載がないもの)
    • パスポート(住所部分はボールペン等で記入されていること)
    • 住民基本台帳カード(顔写真の有無不問)
    • 外国人登録証
    • 「在留カード」または「特別永住者証明書」

インターネット入会の方法

検討した結果「インターネット入会するぞ!」という方は、早速入会してみましょう。

↓まずはコチラよりタイムズカープラスの公式ホームページへ

では、スタート♪

インターネット入会申込の選択

  1. 申込み開始

  2. インターネット入会を選びます

  3. 入会申込をクリック

  4. 詳細・規約の確認

  5. 入会までの流れの説明

  6. 必須書類の説明

    免許証は、アップロード用の画像(両面)が必要って所が、インターネット入会のポイントです。

  7. 任意書類の説明

    該当する場合は、これまたアップロード画像が必要なので用意

  8. プランの選択

    一人での利用は、個人入会

    家族での利用は、家族会員

    学生は、学生会員がお得です。

  9. 基本情報の入力

    このあたりはお決まりですね。順次入力しましょう。

  10. 仮パスワードは忘れないように控えておきましょう♪

  11. 免許証の情報も順次入力していきます。

  12. 入力おわると、クリック!

  13. クレジット情報の入力

  14. 支払い用のクレジットカードを入力しましょう。

  15. 入力おわると、クリック!

このあと用意した免許証等をアップロードすると申込は完了です! 最短5営業日で会員カードが発送され、自宅で会員カードを受取るとカーシェアを利用できます♪

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 ★★★★

安さ      ★★★

使い勝手    ★★★★

車種数     ★★★

独自サービス  ★★★

特徴

  • ステーション数が圧倒的に多く、自宅近くに存在する確率が高い
  • 予約時間より早く返却すると、安くなる
  • 月額基本料は利用料金として使えるので、利用すれば実質0円
  • 入会キャンペーンで月額基本料が2ヶ月だけ0円になることも多い

総評

ステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。 使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

月額基本料は利用料金として使えますので、定期的に使用する場合は実質無料です。総合力は№1と言えるでしょう。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 ★★

安さ      ★★★

使い勝手    ★★★★

車種数     ★★★

独自サービス  ★★★

特徴

  • ステーション数は普通で首都圏に集中して存在する。

    (首都圏以外は少ない)

  • 月会費無料プランがある

    (時間単価は少し割高)

  • 予約時間より早く返却すると安くなる
  • 2か月前から予約可能

    (月会費無料プランは2週間前から予約可能)

総評

使い勝手もとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。

カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

ステーションは首都圏にが集中していますが、車種のラインナップも豊富・時間単価も安いコスパは抜群に良い超おススメの会社です。

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 ★★

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★

車種数     ★★

独自サービス  ★★★★

特徴

  • ステーション数は普通で主要都市等に平均的に存在する

    (オリックスカーシェアのステーションで利用できる)

  • 無条件に月額基本料金が0円で時間単価も安い
  • 個人間カーシェアで他会員のクルマを利用できる

総評

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が無条件に0円なので、使わなくても損しません。

カーシェア初心者でとりあえず初めてみよう!という方にもおススメの会社です。

オリックスカーシェアと提携しているため、ステーションはオリックスカーシェアになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*