自転車保険の核は個人賠償責任補償 ~家族で備える損害賠償1億円~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自動車で事故しなくても、自転車で事故してしまう可能性ってありますよね。 カーシェアのステーションの近くまで自転車で行って利用する方も多いと思います。

自転車事故で1億円弱の賠償命令が下された事例もあり、大阪府や滋賀県では自転車保険の加入が条例で義務付けられているのです。 今回は自転車保険について掘り下げて記事にしました。

仮に自転車事故の加害者となり、1億円もの賠償責任を負ってしまうと、その時点でお金に追われる人生にってしまいます。

逆に被害者となってしまい、1億円もの損害賠償請求する立場になったとしても、加害者に支払い能力がなければなんの償いにもならないので、憤りを感じると思います。

自転車保険は、月額200~300円程度で家族分が加入できます。

この金額で、加害者となった場合は家族をが守れて、被害者にも事故以外の迷惑をかけないで済むのなら、安い掛け金だと思いませんか?

自転車保険は「自分と家族・被害者を守る」と言って良いと思います。

自転車保険とは

「それ自転車保険だ、やれ自転車保険だ」と良く耳にしますが、 そもそも自転車保険は、具体的にはどんなケースの時に、お金を支払ってくれる保険なのでしょうか?

自転車保険の肝はズバリ法律上の損害賠償責任を負った場合に、損害賠償金を保険会社に支払ってもらうという補償です。

これを個人賠償責任補償(※)といいます。

※)個人賠償責任補償は、個人賠償責任保険・個人賠償責任特約・日常生活賠償責任保険・日常生活賠償責任補償といい方が異なる場合があります。

個人賠償責任補償とは

個人賠償責任補償は、自転車版の自賠責保険のようなイメージを持ってもらえれば良いと思います。

自動車の自賠責保険は強制的に加入されますよね。 自転車も自動車と同様に、賠償責任保険に加入した方が加害者も被害者も救われるのではないでしょうか。

さらに、個人賠償責任補償は、自転車に限った補償ではありません。

日常生活に起因する偶然な事故で発生した法律上の賠償費用が補償されます。

例をあげますと…

  • 飼い犬が散歩中に通りがかった人に噛みついてケガをさせた
  • スキーやスノーボードをしていて人にケガをさせた

なども補償の対象です。

※ただ、これは一般的な話ですので、加入される保険内容を良くご確認くださいね

また、個人賠償責任補償と同時に死亡保険金や入院費・通院費も補償する保険もあります。

ただ、僕は個人賠償責任さえ補償されていれば基本はOKだと考えています。

なぜなら、 死亡保障は生命保険、入院保障は医療保険とそれぞれ専用の保険に入った方が シンプルで管理しやすいため、請求も煩雑にならずに済むからです。

日本は医療保険が充実しているので、「医療保険は入らない」という考え方もアリだと思います。

大阪では、自転車保険の加入義務が条例で定められていますが、 自転車保険の加入義務=個人賠償責任補償の加入義務と読み替えることができます。

加入してる保険に個人賠償責任補償特約が付いてないか確認してみて♪

個人賠償責任保険は、何らかの保険の特約として知らないうちに入っていることも考えられます。

もし家族分も補償される特約に加入していたら、2重に加入するので非常にもったいない!

仮に2重加入しても、個人賠償責任保険はお金は2重に受け取ることができない仕組みになっているようです。

以下が代表的な特約に入っている可能性のある保険の例です。 ご検討中の場合は既に加入してないか、今一度、確認してみてくださいね。

  • 火災保険
  • 自動車保険
  • 傷害保険
  • PTAなどで案内されたこどもの保険

仮に既に加入している場合、ついでに確認して欲しいことがあります。

それは保険の加入期間です。

保険本体の加入期間が切れると、特約の個人賠償責任補償も消滅してしまいます。

特に[こどもの保険]などは、期限が切れるのが早い傾向にありますので注意が必要です。

[自動車保険]も車を手放したりした時に、[自動車保険]も解約すると思うので要注意です。

期限切れに気づかず、未加入状態になってしまうことを防ぐために、 あえて個人賠償責任保険に2重加入するのも場合によっては、アリかもしれません。

実は、僕はこどもの保険で家族分が補償される個人賠償責任特約に入っていたので、 火災保険の個人賠償責任特約には加入しなかったのですが、 子供の幼稚園卒業とともに、こどもの保険の期限が切れ、ノーガード状態となっていました(-_-;)

(イオンカードを作るとETCカードも無料で発行できます)

僕のオススメの個人賠償責任保険(自転車保険)

イオンカード加入者は、家族分の個人賠償責任保険が月額260円で加入できます。

加入する保険名は、ネットでかんたん保険『日常生活賠償プラン』Cコースです。 これで、本人を含む家族分の個人賠償責任(1億円まで)が補償されます。 もちろん示談交渉サービス付きです。

あと、本人のみの適用ですが、死亡・後遺障害350万(交通傷害)も補償されます。 (僕はこの補償はいらないので月額を安くしてほしい)

また、支払いは月単位で、契約の更新は1年毎の自動更新ですので、 更新漏れがなく安心です。

「自転車事故を起こしたときに、保険が切れていた…」 なんてことになると大変ですよね。

もちろん自動更新前には通知が来ますので、 辞めたい場合も通知でキャッチすることができます。

引き受け保険会社は、損保ジャパン日本興亜ですのでこれも安心要素です。

※)引受保険商品の正式名称は「交通傷害危険のみ保障特約セット傷害総合保障」です

さらに、イオンカードはETCカードも発行・年会費無料で作成できます。イオングループでの買い物もポイントが貯まるのでとても魅力的なクレジットカードだと思います。 もちろんクレジットカード本体も年会費無料です。

僕もセカンドカードとしてイオンカードを作成し、ETCカードの発行と日常生活賠償プランを加入しました。 ちなみに、作成したのはディズニー版です(^^

実は、イオンカード加入者用の保険に「日常生活賠償プラン」とは別に「自転車プラン」というのもあるのですが、 これは個人賠償責任補償の箇所は日常生活賠償プランと同じ商品です。

でも、僕は日常生活賠償プランで十分だと思っています。

なぜならば、入院保険金や通院保険金が付いていますが割高でシンプルな仕組みではないからです。入院は入院保険で賄えば良いと思います。

僕のクレジットカード構成

クレジットカードをあまり多くもってしまうのは考え物です。 管理が煩雑(どのカードでいくら引き落としたかわからなくなる)になりますし、 あまりに持ちすぎるとローンの審査などにも、場合によっては影響するかもしれません。

僕は、メインカード1枚と目的別にサブカード1~2枚が理想だと思います。

以下は僕のクレジットカード構成です。ご参考までにどうぞ。

楽天カード

僕のメインカードです。

楽天カードは何といっても、何を買ってもポイント還元率が1%だからです。 クレカの支払いはほぼ楽天カードで支払っています。(いつの間にか5000ポイントとか、普通にたまっていたりします)

楽天カードポイント還元率が高く年会費無料で良いカードなのですが、ETCカードは年会費500円が発生します。

イオンカード

僕のサブカードです。

イオンカードは、ETCカードが無料で発行できる(年会費・発行手数料ともに0円)ことと イオングループ買い物するとポイントが貯まりお得に利用できるからです。もちろんクレジットカード本体も年会費無料です。

さらに、今回記事にした「個人賠償責任保険」が割安な値段(260円)で加入できるのも重要なポイント!

僕はETCは発行し、『日常生活賠償プラン』のCコース(260円)も加入しました

エポスカード(番外編)

僕は持っていないので番外編としたのですが、 EPOSカードもETCカードが無料で発行できる(年会費・発行手数料ともに0円)のでおすすめです。もちろんクレジットカード本体も年会費無料。

マルイで買い物をする方は特にお得です。カード会員限定の年4回のマルイ店舗・通販10%OFFなど、色々特典がありますよ。

また、「タイムズ駐車場」でのエポスカード利用でエポスポイントが2倍つきます。

タイムズカープラス入会時、引き落とし先クレカにEPOSカード(VISA)を指定すると、 月額基本料が3か月無料+カード発行手数料が無料になるキャンペーン中です(2017/07月現在)

まとめ

何よりも人命が第一なので安全運転で他人に迷惑をかけないことが最も大切です。

ペーパードライバーのみなさんは、個人賠償責任保険も入って思わぬ自転車事故に備えつつ、カーシェアでペーパードライバーを克服していきましょう!

  • 自転車保険で必要な保険は、個人賠償責任保険
  • イオンカードはETCカード年会費・発行手数料が無料
  • イオンカードの個人賠償責任保険『日常生活賠償プラン』Cコースで家族が月額260円で補償される

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★★★

独自サービス  ★★★★

ステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。

使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

唯一の弱点は月額基本料金が0円になる個人プランが無い点ですが、月額基本料は利用料金として使えますので、定期的に使用する場合は実質無料となる場合が多いです。また、入会キャンペーンで月額基本料が2ヶ月だけ無料になることもあります。総合力は№1と言えるでしょう。

ランキング2位 カレコ【careco】

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★

使い勝手はとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。 カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

2018年4月24日より「月会費無料プラン」が開始されており、 車種のラインナップも豊富・時間単価もまぁまぁということでコスパは抜群に良いです。

ネット入会画面も親切で入力しやすいのでスマホでもストレスなくできると思います。免許証の写真アップもスマホの方が手っ取り早いです。

難点はステーション数が首都圏以外は少ないという点(首都圏には強いです)と免許取得後1年未満の場合は入会が出来ない点です。

サービスとしては言うことないですが、自宅近くにステーションがなければ使えるシーンが極端に減るし、免許取得してすぐの入会はできないので総合力は№2です。

ランキング3位 dカーシェア

安さ      ★★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★★

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が0円で時間単価も比較的安いのですが、 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」 というのが最大の難点です。(カレコやタイムズは予約時間より早く返すとその分安くなる)

独自のステーションは持っておらず提携しているオリックスカーシェアのステーションで利用できます。

ステーションはそれほど多くないのですが、個人間カーシェア(マイカーシェア)というdカーシェア独自のサービスを展開しています。 個人間カーシェアは他会員のクルマを借りるができるので、ステーション数の少なさをマイカーシェアで補うことが出来るかも知れません( ちなみにマイカーを貸してお金を稼ぐこともできます) 難点も多いですが、良い点も多い会社なので総合力は№3です。

【番外】 オリックスカーシェア

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★

→オリックスカーシェア公式サイト

使い勝手は業務提携しているdカーシェアのカーシェアリングと同じです。 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」という大きな弱点があります。

月額基本料金が0円となる個人Bプランもあるのですがdカーシェアより時間単価は高いので、dカーシェアに入会する方がお得です。 オリックスカーシェアに入会するなら月額基本料金が発生するけど時間単価が安い個人Aプランです。

dカーシェアのような魅力的な独自サービスがなく、難点も多いオリックスカーシェアですが基本的なカーシェアリングとしての機能は満たしていますので、 自宅近くにステーションがあれば検討の価値アリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*