カーシェア月額基本料金が利用料金割引で実質無料となる仕組み

カーシェア月額無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カーシェアは月々支払の内訳を説明いたします。 特に、月額基本料金が利用料金割引で実質無料となる仕組みが少しややこしいので 詳しく解説いたします♪

カーシェアの月々の支払の内訳

カーシェアの月々の支払の内訳を式にしますと…

カーシェアの月々の支払=月額基本料金+利用料金-利用料金割引

となります。

利用料金の内訳

利用料金の中には時間料金と距離料金が含まれます。 カーシェアの月々の支払の内訳を細かくしますと…

カーシェアの月々の支払=月額基本料金+利用料金(時間料金+距離料金)-利用料金割引

となります。

時間料金について

時間料金とは「時間料金単価×時間」のことです。

超ざっくりですが、カーシェア各社においての場合は約200円/15分ですので 1時間利用の場合、時間料金は (200円/15分)×60分=800円 となります。

もちろん各社微妙に単価は異なりますので予めご了承ください。どのカーシェア会社でも大体これくらいだよという目安です。

距離料金について

カーシェア各社におきまして、距離料金は下記となります。

  • 6時間以内の予約・利用…距離料金は0円(※)
  • 6時間を超える予約・利用…約15円/走行km

※)オリックスカーシェアのみ6時間以内でも距離料金が発生する場合があります

利用料金割引の仕組み

個人プランの場合、カーシェア各社の月額基本料金は約1000円の設定が多いですが、 月額基本料金と同額(約1000円)を、利用料金から割引するサービスも各社提供しています。 利用料金が月額基本料金以下の場合は、割引は利用料金分のみとなります。 携帯電話の無料通話分と同じイメージといった方がわかりやすいかもしれません。 ただし、携帯電話の無料通話分は翌月繰り越しできても、カーシェアの利用料金割引は翌月繰り越しができませんのでご注意ください。

  • 利用料金(時間料金+距離料金)が月額基本料金以上の場合

    利用料金=利用料金-月額基本料金となります。 月額基本料金の全額を利用料金として充当できるので、月額基本料金は実質0円と言えます。

  • 利用料金(時間料金+距離料金)が月額基本料金未満の場合

    利用料金=0円となりますが、利用料金の引きシロないので月額基本料金の全額を割り引けない状態です。

つまり、利用料金が月額基本料金以上発生すると割引が最大となりお得となります。

確かに使用した方がお得なのですが… この割引の仕組みは、カーシェア会社は会員から「月額基本料金(約1000円)は必ず徴収するよ」ということになります。 もし月額基本料金が0円だったら、全く利用しない月はカーシェア会社の入金も0円なってしまうので、 利用料金割引付きの月額基本料金を設けて1000円は最低でも徴収する というカーシェア会社の戦略だと思います。

タイムズカープラス利用時間別の支払いケース

説明ばかりじゃイメージにくいと思いますので、 タイムズカープラスの月額基本料金と時間単価をベースに利用時間別に支払い金額の具体例を挙げてみました。 オリックスカーシェア・カレコも金額は多少異なりますがイメージは同じです。

※)例外としましてdカーシェアは月額基本料金はどのプランでも常に0円です(利用料金割引はありません)

タイムズカープラスの基本情報

  • 月額基本料金…1030円
  • 時間単価…15分で206円
  • 利用料金が月額基本料金より少ない(利用料金<月額基本料金)

    例)タイムズカープラスで月に1時間利用したケース

    • 月の利用料金

      時間単価(206円/15分)×利用時間(60分)=824円

    • 月の支払い合計

      月額基本料金(1030円)+利用料金(824円)-利用料金割引(824円)=1030円

  • 利用料金が月額基本料金と同じ(利用料金=月額基本料金)

    例)タイムズカープラスで月に1時間15分利用

    • 月の利用料金

      時間単価(206円/15分)×利用時間(75分)=1030円

    • 月の支払い合計

      月額基本料金(1030円)+利用料金(1030円)-利用料金割引(1030円)=1030円

  • 利用料金が月額基本料金より多い(利用料金>月額基本料金)

    例)タイムズカープラスで月に2時間利用

    • 月の利用料金

      時間単価(206円/15分)×利用時間(120分)=1648円

    • 月の支払い合計

      月額基本料金(1030円)+利用料金(1648円)-利用料金割引(1030円)=1648円

上記の例で、どのケースでも月額基本料金(約1000円)は必ず徴収されることがイメージ出来たでしょうか?

まとめ

カーシェア月額基本料金が利用料金割引で実質無料となる仕組みについてまとめました。

  • カーシェアの支払いの内訳は月額基本料金+利用料金-利用料金割引
  • 月額基本料金分を利用料金として使用すると割引が最大となりお得
  • 割引があっても月額基本料金以上は支払うことになる
  • 割引は携帯電話の無料通話分と同じイメージ
  • 割引は翌月に繰り越しできない

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、各社似たり寄ったりの料金体系やサービス内容なので、自宅の近くにステーションがある会社を選びましょう。

近所にある可能性の高いカーシェア会社順にランキングしてみました。(2017年現在)

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 ステーション数ランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数…9,091か所

市場の7割を占める業界最大手で、圧倒的なステーション数。 家の近所にある確率が一番高いのは、このタイムズカープラスです。

>>タイムズカープラス 4つの入会方法を比較!必要書類も要チェック!

ランキング2位 オリックスカーシェア dカーシェア

ステーション数…1,531か所

  • オリックスカーシェア

    業界最古参 2017年にdカーシェアと業務提携しました。独自サービスも展開してます。

  • dカーシェア

    2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。 独自のステーションは持っておらず、オリックスカーシェアと提携してます。ドコモ携帯の契約者以外も入会でき、 月額基本料金がずっと0円です(他社はキャンペーン期間中のみ0円)

ランキング3位 カレコ【careco】

ステーション数…1,159か所

首都圏に強く、伸び率が高い。オリックスカーシェアを追い抜く勢いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*