タクシーが見つからない捕まらない⇒脱出のコツはカーシェアを探す事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

あなたは、こんな経験はありませんか?

  • 今、車が必要やねん!!
  • でもタクシーあれへん。つかまれへん。
  • 電車じゃ中途半場な場所で降りるからあかんねん!!
  • バスは時刻わかれへんし、遠回りになる。めんどくさい!!

カーシェアがあなたの頼りになる心強い味方になるかも知れません。

スポンサーリンク

急に車が必要になった時は、カーシェアを思い出して!

ある日のことです。僕は親の通院の付き添いをしていて、急遽入院となったことがありました。 入院となると「着替え、タオル、靴、薬」などの用具一式が必要となります。

看護士からは、特に普段飲んでいる薬を持ってくるように催促されました。(何を飲んでいるかを病院側が早く把握したかったようです)

となると、家に帰らなければなりません。

はじめは、タクシーを利用しようか、バスを利用しようかと考えていたのですが、 病院の外を見てもタクシーはいないし、バスは少し面倒だと考えていると…

「カーシェアを利用できるのではないか?」

と思い、試しに、スマホで近所のタイムズカーシェアの駐車場(ステーション)を検索すると、 「あったあった」カーシェアステーションが徒歩5分圏内にあるではないですか!

ここで、 すかさず予約!!

無事、必要用品をを家まで取りにかえることができ、 入院手続きもスムーズに進めることができました。

でも、利用シーンってそんなにあるの?

確かに利用シーンは少ないかもしれません。

ですが、緊急性の高いときに役立つことを考えると、カーシェアという交通手段を、保険・お守り代わりに持っておく意味はあると思います。

あと、 緊急じゃなくても、バーベキューの買出しや会社やイベントごとでの買出しに利用できそうですね♪

タイムズカーシェアは業界最大手ですので全国各地にステーションは多数存在します。

土地勘のない場所でのカーシェア駐車場の見つけ方

急いで予約できたとしても、土地勘のない場所のカーシェアをみつけるのに迷ってしまうときがあります。

そんな時は、スマホアプリ 「タイムズカーシェア クイック検索」が結構役に立ちます。 タイムズの駐車場しか地図には出てこないし、現在地も表示されるから Googleマップより、わかりやすいのです。

土地勘のない所で予約して、

「カーシェアの駐車場どこやねん?」

となったときはこの方法を試してみて♪

スポンサーリンク

まとめ

急にクルマが必要になった場合、近くに空いているタイムズカーシェアがあれば利用できます。

緊急時は意外とカーシェアを忘れがちです。

”いざクルマが必要!”となった時は、落ち着いて近くにカーシェアがないか探してみてください!

格安でペーパードライバー脱出!
月額基本料が実質無料のタイムズカーシェア

タイムズカーシェアでペーパードライバーを脱出できた僕の具体例をご紹介いたします。

僕は10年間、車の運転をせずに暮らしていたペーパードライバーでした。
結婚し子供が生まれ、車がない不便さを痛感する毎日。
旅行も電車だと重い荷物も持たなければならず移動がめっちゃ大変!
車の持たない親父は、家族の中で肩身の狭い思いをして暮らしていました。

そこで、僕は決意します。

『家族を車に乗せてキャンプに行くぞ!』

10年間車に乗ってない僕は、車に乗ることがどうしようもなく不安。
ペーパードライバー講習を真っ先に考えましたが、2時間で1万〜2万円もするコスパの低さにウンザリ…
そんな時出会ったのがタイムズカーシェアでした。

『カーシェアリングって何者?』

と思いましたが、とりあえず内容を確認してみると…

  • 15分206円で利用できる!
  • ガソリン代込み!
  • 保険代込み!
  • メンテ不要!

と驚きのコスパと簡単さ。
月々1000円の基本料金はかかるけど、スマホの通話代無料利用分のように利用料金に割当てできるので実質無料。

実質無料1000円分を利用時間に換算すると1時間15分。

僕は直感的にビビッときました。

月に1時間15分を細切れに練習すれば、少しづつ運転が上達するカモしれない。

『月額1000円でペーパードライバー脱出だ!』

と考え、即入会しました。

使い方がややこしいと思ってたのですが、スマホで簡単に予約できて、予約したステーションまで行って車に乗るだけ。
アホな僕でもすぐわかりました。

そして、ペーパドライバーだった僕がとったカーシェアでのペーパドライバー脱出作戦はこんな感じです。

  • 免許更新時にもらう運転教本で標識などを復習
  • 慣れるまで車庫の出し入れのみ行う
  • 少し慣れてきたらちょっとだけ周りを運転する
  • 徐々に運転時間を長くする

こうすることで、いつの間にか半年後にはペーパードライバーも脱出できていました。
目標だった”車で一泊二日の家族キャンプ”にも行けるようになり、肩身の狭い思いをすることもなくなったのです。

僕の場合は、自宅の近くにはタイムズカーシェアがあったのでタイムズを選びました。
他にもカレコやdカーシェアなどがあります。 まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカーシェア

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る