タイムズカーシェアの保険~搭乗者傷害補償か人身傷害補償かどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるか各カーシェア会社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索が行えます(dカーシェアは左上のdcarshareをクリック)

カーシェアの保険・補償について、問題はない という記事を前回書きました。

>>タイムズカーシェアの任意保険は?~補償内容と支払い条件~

しかし。。 『自分で実際に保険を契約したわけではないから、やっぱり不安!!』 という方も多いのではないでしょうか?

僕は”搭乗者補償”と”人身傷害補償”の違いがわからなかったので、タイムズカープラスにQA(質問)いたしました。 タイムズカープラスの回答内容を踏まえ、違いを詳しく説明します。

スポンサーリンク

搭乗者傷害補償ってなんだろう

僕はタイムズカーシェアの補償制度を見て、

「ん」 これはなんだ?? 何言ってるのかようわからん。

と思うところがありました。 それは最後にある「※搭乗者補償は付保されておりません。」という部分です

対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責補償 3千万円を含む)

対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)

車両補償(タイムズカープラスの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)

人身傷害補償/(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)1名につき 無制限

搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施いたします)

※搭乗者補償は付保されておりません。

スポンサーリンク

搭乗者傷害補償と人身傷害補償の違いについて

タイムズカーシェアに 「※搭乗者補償は付保されておりません。」の意味について聞いてみた。

↓タイムズカーシェア(タイムズカープラス)の回答がこちら

搭乗者傷害補償の場合、「定額払い」となるため、 大怪我を負ったときなど、多額の入院費や治療費が掛った際には、 この保険だけではカバーしきれないことがございます。

一方で人身傷害補償の場合、傷害の場合は治療費や休業損害、 死亡した場合は「逸失利益(もし生きていたら将来に得ることができたはずの利益)などの 実損害額」を、

(1)過失割合にかかわらず(本人過失分も含めて支払ってくれる)

(2)保険示談交渉の完了を待つことなく、お支払される。

「自分や同乗者が死傷してしまった場合の補償をするための保険」という点では、 搭乗者傷害保険と共通しておりますが、搭乗者傷害よりもスムーズかつ 十分な保険金をお受け取り頂けます。

人身傷害補償、搭乗者傷害補償ともに加入することは可能ですが、 タイムズカープラスでは「人身傷害補償」のみ加入しております。

つまり、

タイムズカープラスは搭乗者傷害補償は入ってないが人身傷害補償に入っている

人身傷害補償は搭乗者傷害よりもスムーズかつ 十分な保険金を受け取ることができる

ということのようです。

まぁ、良い方の「人身傷害補償」に加入しているようで良かった。 HPでの補償に関する紛らわしい表現はできればなくして欲しいです。 QAしないとわかりませんでした。 ただ、タイムズカーシェアQAの回答は素早くて好感が持てました♪

スポンサーリンク

まとめ

  • タイムズカープラスは人身傷害補償に加入している
  • 人身傷害補償は搭乗者傷害よりもスムーズかつ十分な保険金を受け取ることができる

今回、質問してみて タイムズのカーシェアが入っている補償制度は一般的に問題ないレベルだとわかりました。 自分の車だったら、ぶつけたら車両保険代があがるのが嫌で使わない というようなケースもあると思うけど、 タイムズのカーシェアはそんな心配は無用なのも良いところですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

どのカーシェア会社でも基本的に発生する費用は、月額基本料と利用料です。
保険料・ガソリン代・メンテ代(車検等)は不要となるので、劇的に維持費を節約できます!

お試し入会したい人も「入会後に即退会しても余計な違約金は発生しません」ので安心ですよ。
もしカーシェアが性に合わなければ、退会すればOKです。

カーシェア各社の特徴を踏まえて、おすすめカーシェア会社のランキングをご紹介いたします。

 

カーシェア会社の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

ステーション数 ★★★★★

安さ      ★★★

使い勝手    ★★★★

車種数     ★★★

GOOD

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 予約時間より早く返却すると安くなる
  • 予約開始直前にキャンセルしても手数料は発生しない

BAD

  • 月額基本料金が0円になる個人プランが無い(学生プラン・法人プランは0円)

    →月額基本料は利用料金として使えるので、実質は0円

総評

最もポビューラーな個人プランのベーシック車種の利用料は、15分で206円です。
個人プランは月額基本料金が1030円ですが、月額基本料は利用料金として使えるので実質無料になります。

この月額基本料の利用料金割当は繰越しできないのですが、もったいないから1030円分使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果があります。

『ステーション数が多い』『使い勝手が良い』『時間単価が安い』という3拍子が揃った全国的に一番使えるカーシェア会社です。
僕自身タイムズカーシェアのユーザですが、3年間利用して不便に感じたことはありません。

ランキング2位 dカーシェア

ステーション数 ★★★★

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★

車種数     ★★★

GOOD

  • 無条件に月額基本料金が0円

    →利用しなければずっとタダ

  • オリックスカーシェア・カレコ・カリテコのステーションが使える
  • dポイントが貯まる・使える
  • ドコモのユーザーならクレジット不要でドコモ払いが可能

    →ドコモユーザ以外はクレジット必須

  • 個人間カーシェアで他会員のクルマを利用できる

BAD

  • 利用する会社(オリックス・カレコ・カリテコ)によって早期返却やキャンセル料の扱いが異なる

総評

dカーシェアは、提携先のオリックスカーシェア・カレコ・カリテコのカーステーションが利用できます。

そして、利用する提携先カーステーションにより時間利用料金・早期返却・キャンセル料が違ってくるんです。

  • オリックスカーシェア利用

    利用料金…15分220円
    早期返却…安くならない
    キャンセル…50%のキャンセル料

  • カレコ利用

    利用料金…10分160円
    早期返却…早期返却時間分は全額返金
    キャンセル…キャンセル料なし

  • カリテコ利用

    利用料金…15分206円
    早期返却…早期返却時間分の50%返金
    キャンセル…20%のキャンセル料

※予約開始1時間以上前のキャンセルはオリックス・カリテコともにキャンセル料は発生しません。

無条件に月額基本料無料になるのはdカーシェアだけです。

気軽に始められるので「とりあえず初めてみよう!」という方にもおススメ。
今なら入会してカーシェアを利用するとdポイントが1000ポイントが貰えます。
もちろんドコモ会員以外も入会できますよ。

dカーシェアは提携先を拡大しており、ステーション数ではタイムズカープラスに次ぐ2位です。
おそるべし! ドコモのdカーシェア

ランキング3位 カレコ【careco】

ステーション数 ★★

安さ      ★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★

GOOD

  • 首都圏にステーションが多い
  • 予約時間より早く返却すると安くなる
  • 予約開始直前にキャンセルしても手数料は発生しない
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から予約可能)
  • チャイルドシートを常備してる車種もある
  • 車種のラインナップが豊富

    →デートでいいカッコできる

BAD

  • 免許取得後1年未満は入会できない
  • 首都圏以外はステーション数が少ない

総評

最もポビューラーなベーシックプランのコンパクト車種の利用料は、10分で130円です。

使い勝手もとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。
カレコだけが2か月前から予約できたり、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。
車種のラインナップも豊富で時間単価も安くオススメできる会社です。
ただ、首都圏以外はステーション数が少ないので使いたくても使えない可能性が高いです。
あと、免許取得後1年未満は入会できないので、免許取得後すぐにカーシェアを考えている人は他社のカーシェアを利用するしかありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る