タイムズカーシェアの保険~搭乗者傷害補償か人身傷害補償かどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カーシェアの保険・補償について、問題はない という記事を前回書きました。

>>タイムズカーシェアの任意保険は?~補償内容と支払い条件~

しかし。。 『自分で実際に保険を契約したわけではないから、やっぱり不安!!』 という方も多いのではないでしょうか?

僕は”搭乗者補償”と”人身傷害補償”の違いがわからなかったので、タイムズカープラスにQA(質問)いたしました。 タイムズカープラスの回答内容を踏まえ、違いを詳しく説明します。

搭乗者傷害補償ってなんだろう

僕はタイムズカーシェアの補償制度を見て、

「ん」 これはなんだ?? 何言ってるのかようわからん。

と思うところがありました。 それは最後にある「※搭乗者補償は付保されておりません。」という部分です

対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責補償 3千万円を含む)

対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)

車両補償(タイムズカープラスの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)

人身傷害補償/(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)1名につき 無制限

搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施いたします)

※搭乗者補償は付保されておりません。

搭乗者傷害補償と人身傷害補償の違いについて

タイムズカーシェアに 「※搭乗者補償は付保されておりません。」の意味について聞いてみた。

↓タイムズカーシェア(タイムズカープラス)の回答がこちら

搭乗者傷害補償の場合、「定額払い」となるため、 大怪我を負ったときなど、多額の入院費や治療費が掛った際には、 この保険だけではカバーしきれないことがございます。

一方で人身傷害補償の場合、傷害の場合は治療費や休業損害、 死亡した場合は「逸失利益(もし生きていたら将来に得ることができたはずの利益)などの 実損害額」を、

(1)過失割合にかかわらず(本人過失分も含めて支払ってくれる)

(2)保険示談交渉の完了を待つことなく、お支払される。

「自分や同乗者が死傷してしまった場合の補償をするための保険」という点では、 搭乗者傷害保険と共通しておりますが、搭乗者傷害よりもスムーズかつ 十分な保険金をお受け取り頂けます。

人身傷害補償、搭乗者傷害補償ともに加入することは可能ですが、 タイムズカープラスでは「人身傷害補償」のみ加入しております。

つまり、

タイムズカープラスは搭乗者傷害補償は入ってないが人身傷害補償に入っている

人身傷害補償は搭乗者傷害よりもスムーズかつ 十分な保険金を受け取ることができる

ということのようです。

まぁ、良い方の「人身傷害補償」に加入しているようで良かった。 HPでの補償に関する紛らわしい表現はできればなくして欲しいです。 QAしないとわかりませんでした。 ただ、タイムズカーシェアQAの回答は素早くて好感が持てました♪

まとめ

  • タイムズカープラスは人身傷害補償に加入している
  • 人身傷害補償は搭乗者傷害よりもスムーズかつ十分な保険金を受け取ることができる

今回、質問してみて タイムズのカーシェアが入っている補償制度は一般的に問題ないレベルだとわかりました。 自分の車だったら、ぶつけたら車両保険代があがるのが嫌で使わない というようなケースもあると思うけど、 タイムズのカーシェアはそんな心配は無用なのも良いところですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

カーシェアリング会社は、自宅の近くにステーションがある会社を選ぶのが基本ですが、 安さ・使い勝手・車種数も考慮した総合力でオススメのカーシェアリング会社をランキングいたしました。

維持費節約・安全運転で、あなたにとって良いカーライフを!

カーシェアリング会社 おすすめランキング

ランキング1位 タイムズカープラス

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★★★

独自サービス  ★★★★

ステーション数が圧倒的に多く、ある程度栄えている町では自宅近くにタイムズカープラスのステーションが存在する確率が高いです。

使い勝手もとても良くて時間単価も安いので、全国的に一番使えるカーシェアということは間違いありません。

唯一の弱点は月額基本料金が0円になる個人プランが無い点ですが、月額基本料は利用料金として使えますので、定期的に使用する場合は実質無料となる場合が多いです。また、入会キャンペーンで月額基本料が2ヶ月だけ無料になることもあります。総合力は№1と言えるでしょう。

ランキング2位 カレコ【careco】

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★★★★

車種数     ★★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★

使い勝手はとても良く、他社の良いところはほぼ取り入れてます。 カレコだけが2か月前から予約できたり(月会費無料プランは2週間前から予約)、チャイルドシートを常備してる車種もあったりします。

2018年4月24日より「月会費無料プラン」が開始されており、 車種のラインナップも豊富・時間単価もまぁまぁということでコスパは抜群に良いです。

ネット入会画面も親切で入力しやすいのでスマホでもストレスなくできると思います。免許証の写真アップもスマホの方が手っ取り早いです。

難点はステーション数が首都圏以外は少ないという点(首都圏には強いです)と免許取得後1年未満の場合は入会が出来ない点です。

サービスとしては言うことないですが、自宅近くにステーションがなければ使えるシーンが極端に減るし、免許取得してすぐの入会はできないので総合力は№2です。

ランキング3位 dカーシェア

安さ      ★★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★★★

2017年よりサービス開始したドコモのdカーシェア。

月額基本料金が0円で時間単価も比較的安いのですが、 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」 というのが最大の難点です。(カレコやタイムズは予約時間より早く返すとその分安くなる)

独自のステーションは持っておらず提携しているオリックスカーシェアのステーションで利用できます。

ステーションはそれほど多くないのですが、個人間カーシェア(マイカーシェア)というdカーシェア独自のサービスを展開しています。 個人間カーシェアは他会員のクルマを借りるができるので、ステーション数の少なさをマイカーシェアで補うことが出来るかも知れません( ちなみにマイカーを貸してお金を稼ぐこともできます) 難点も多いですが、良い点も多い会社なので総合力は№3です。

【番外】 オリックスカーシェア

安さ      ★★★★

使い勝手    ★★

車種数     ★★★

ステーション数 ★★★

独自サービス  ★★★

→オリックスカーシェア公式サイト

使い勝手は業務提携しているdカーシェアのカーシェアリングと同じです。 「予約時間より早く返却しても、安くはならない」という大きな弱点があります。

月額基本料金が0円となる個人Bプランもあるのですがdカーシェアより時間単価は高いので、dカーシェアに入会する方がお得です。 オリックスカーシェアに入会するなら月額基本料金が発生するけど時間単価が安い個人Aプランです。

dカーシェアのような魅力的な独自サービスがなく、難点も多いオリックスカーシェアですが基本的なカーシェアリングとしての機能は満たしていますので、 自宅近くにステーションがあれば検討の価値アリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*