貧乏親父がカーシェアで運転練習しペーパドライバーを克服した方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅近くにカーシェアのステーションはありますか?

※ステーションとはカーシェアの駐車場のことです。

利用したくても、ステーションがなければカーシェアは使えません!

まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

ペーパードライバーのお父さん。

家の中で肩身が狭くないですか?

マイカー買いたいけど、教育費や住宅ローンを考えると二の足を踏んでしまう。
そして、今年もペーパードライバーのまま1年が過ぎてしまう…

大型連休の家族旅行も、本当はレンタカーでもしたいけど、 運転に自信がないから重い荷物も持って新幹線や電車・バスで移動する 。

そうして、親父の肩身がだんだん狭くなっていく…

まさに僕自身がそうでした。 でも、もしかしたら、タイムズカーシェアで一発逆転し、あなたは親父の株を上げることができるかもしれませんよ。

カーシェアを利用して、ペーパードライバーを克服して家族旅行して親父の株を上げるまでのステップを簡単にご説明しますね。

スポンサーリンク

カーシェアが自宅の近くにあるか調査する

カーシェアが自宅の近くになければ、残念ながら利用する意味はあまりありません。
あなたがよほど熱心にカーシェアステーション通うなら別ですが、徒歩15分圏内になければ継続が難しいかもしれませんので、別の方法も模索してみましょう。

都市部の場合は、徒歩圏内にタイムズカーシェア駐車場(ステーション)が結構あります。
自宅近くにステーションがある場合は、次のステップに進んでください♪

カーシェアリング会社の料金は大差ナシ⇒おすすめ比較より場所が命!

スポンサーリンク

奥さんにカーシェアのメリットを伝えて納得させる

奥さん(あるいは旦那さん)がカーシェアの会員になることにのGoサインが出なければ意味がありませんよね。
家族を納得させてからカーシェアに入会しましょう!

タイムズカーシェア4つのメリット 節約して住宅ローンの返済を!

カーシェアリングとレンタカーの違い!仕組みとメリット・デメリット

タイムズカーシェアはクルマの維持費が圧倒的に安いです。

15分で206円。

1時間利用しても、824円。

また、15分単位の利用料とは別に、月額基本料金として1030円を毎月固定で支払う必要があるのですが、月額基本料金は15分単位の利用料として使用できます。

どういうことかと言いますと、1030円は1時間15分の利用料に相当するのですが、 例えば1時間15分利用した月があるとしたら、その月の支払いは、時間単位利用料は支払い不要で月額基本料金は1030円のみとなります。

説明するとややこしいのですが、携帯電話の無料通話分と同じ仕組みといえばわかりやすいかもしれません
(ただし、無料分の次月繰越しはできません)

タイムズカーシェア月額1030円 無料利用分で定期的に毎月運転!

マイカーだと維持費が大変ですが、 カーシェアの維持費の安さをアピールすれば、奥さんのGoサインがアッサリでるのではないでしょうか?

奥さんに『カーシェアは、ややこしそう』と言われたら…

カーシェアの仕組みは至ってシンプルなので、以下の内容を奥さんにご説明ください。

大雑把に言うと「カーシェア=無人のレンタカーサービス」 です。
カーシェアの駐車場でクルマを、会員カードで解錠して利用します。

(乗り捨てはできません)

タイムズカーシェアの使い方♪ 鍵はどこ?予約・出庫・返却方法は?

入会は、簡単にネットでできます。

タイムズカーシェアのクイック入会&店舗受取で即日カード発行!

タイムズカーシェアのインターネット入会で会員カードを自宅で受取♪

スポンサーリンク

カーシェアで運転練習しステップアップ

カーシェアは15分で200円程度で利用できますので、細切れ時間を利用して運転技術を磨きましょう。

初めてのタイムズカーシェアでペーパドライバーが運転練習するコツ♪

初心者がとりあえず、困るのは駐車です。

大型駐車場を利用すると、駐車の練習ができます。
近くの良さそうな場所を見つけて、練習しましょう。

ペーパードライバーがカーシェアでいきなり運転 恐怖あるある失敗談

「絶対に1人で運転なんて無理!」

という超ペーパードライバーの方は、 もし可能なら、ベテランドライバーの家族・友人に、カーシェアに同乗してもらいましょう。

もし、同乗してもらえる方がいない場合は、 近くの教習所でペーパードライバー講習を受けて恐怖を少しでも克服してからカーシェアに進む方が良いと思います。

教習所での2時間のペーパードライバー講習は、1~2万円位で受講できると思いますが、結構割高です。

駐車の練習がメインになってしまいますが、タイムズレッスンというのが無料で定期的に開催されていますので、チェックされても良いかと思います。

タイムズレッスンは無料で駐車練習できるゾ! 評判・口コミも紹介♪

あと、見落としがちな点として、 予約する時は駐車しやすいタイムズカーを選びましょう。

止めにくい場所は返却時の駐車でとてもとて~も苦労します。 事前に止めやすいカーシェア車をチェックしておくとGoodです。

スポンサーリンク

家族旅行へ向けた準備

運転が慣れてきたら、家族旅行へ向けて高速道路にちょっとだけ乗って練習したほうがベターです。

高速道路に乗る前の準備

乗る場所、降りる場所を事前に決めておこう 事前に決めておいたほうが、バタバタしなくてすみます。 良く利用しそうな、近所のICを見繕っておきましょう♪

ペーパードライバーがカーシェアでいきなり高速道路運転の前に確認!

ETCカードを高速を利用する前に契約しておきましょう。 ETCでないとかなり割高になると思いますし、料金所でいちいち窓をあけて支払うのもストレスになります。

年会費無料のETCカードが結構ありますので、今お持ちのクレジットカードで発行できるETCカードが年会費無料のものかチェックしましょう。

例えば、楽天カードはETCカード発行できますが、年会費が500円かかってしまいます。
わざわざ年会費を払うのはもったいないので、どうせなら年会費無料のETCカードが発行できるクレジットカードで契約していた方がお得ですね。

イオンカードはクレジットカードもETCも年会費無料ですので2枚目のクレジットカードとしても使えますよ。
イオンでのお買い物も安くなって便利です♪。
個人賠償責任保険も安く加入(家族全員で月額260円程度)できますので自転車保険に入ってない方にも有効かと思います。

自転車保険の核は個人賠償責任補償 ~家族で備える損害賠償1億円~

タイムズカーシェアやレンタカーは、全車種ETC搭載車です。

ETCカードを入れる機械は、運転席か助手席の足元にあります(車両によっては、ダッシュボード上等に設置している場合もあり)

スポンサーリンク

いよいよクルマで家族旅行へ出発

家族旅行への準備が整ったら、いよいよ家族旅行です。

泊まりの旅行は長距離になるので、カーシェアよりもレンタカーの方がコスパが高くなることが多いです。
【※1 最近は少し変わってきてます】

タイムズレンタカーは、タイムズカーシェアの会員の場合、 クラス指定予約でレンタカー基本料金から最大25%OFF(車種指定予約の場合は20%OFF)になります。

ただ、?タイムズカーレンタルは店舗数が大手ほど多くないので近所にあるかどうかは微妙かと思います。

ちなみに、僕は近所にタイムズレンタカーはなかったので、トヨタレンタリースを利用して、念願の家族旅行に行きました。

ペーパードライバーがカーシェアで練習し、レンタカーで家族旅行!

【※1】最近はタイムズカーシェアで36・48・60時間パックが開始され、長距離でもカーシェアの方がお得になるケースもでてきました。

長距離はレンタカーよりタイムズカーシェアの48時間パックがお得?

ペーパードライバーの方は、カーシェアでちょこちょこ運転して 1人で運転する恐怖がある程度克服してから、家族旅行へでかけることをオススメします(僕も、このパターンでした)

スポンサーリンク

まとめ

タイムズカーシェアを利用すると、 節約しながら、細切れ時間で運転技術を磨くことができます。

慣れてきたら、高速をプチ走行してみましょう。

そして、自信がついてきたら家族を旅行に連れて行ってあげましょう。

あなたもカーシェアで、親父のカブをあげてみませんか?

格安でペーパードライバー脱出!
月額基本料が実質無料のタイムズカーシェア

タイムズカーシェアでペーパードライバーを脱出できた僕の具体例をご紹介いたします。

僕は10年間、車の運転をせずに暮らしていたペーパードライバーでした。
結婚し子供が生まれ、車がない不便さを痛感する毎日。
旅行も電車だと重い荷物も持たなければならず移動がめっちゃ大変!
車の持たない親父は、家族の中で肩身の狭い思いをして暮らしていました。

そこで、僕は決意します。

『家族を車に乗せてキャンプに行くぞ!』

10年間車に乗ってない僕は、車に乗ることがどうしようもなく不安。
ペーパードライバー講習を真っ先に考えましたが、2時間で1万〜2万円もするコスパの低さにウンザリ…
そんな時出会ったのがタイムズカーシェアでした。

『カーシェアリングって何者?』

と思いましたが、とりあえず内容を確認してみると…

  • 15分206円で利用できる!
  • ガソリン代込み!
  • 保険代込み!
  • メンテ不要!

と驚きのコスパと簡単さ。
月々1000円の基本料金はかかるけど、スマホの通話代無料利用分のように利用料金に割当てできるので実質無料。

実質無料1000円分を利用時間に換算すると1時間15分。

僕は直感的にビビッときました。

月に1時間15分を細切れに練習すれば、少しづつ運転が上達するカモしれない。

『月額1000円でペーパードライバー脱出だ!』

と考え、即入会しました。

使い方がややこしいと思ってたのですが、スマホで簡単に予約できて、予約したステーションまで行って車に乗るだけ。
アホな僕でもすぐわかりました。

そして、ペーパドライバーだった僕がとったカーシェアでのペーパドライバー脱出作戦はこんな感じです。

  • 免許更新時にもらう運転教本で標識などを復習
  • 慣れるまで車庫の出し入れのみ行う
  • 少し慣れてきたらちょっとだけ周りを運転する
  • 徐々に運転時間を長くする

こうすることで、いつの間にか半年後にはペーパードライバーも脱出できていました。
目標だった”車で一泊二日の家族キャンプ”にも行けるようになり、肩身の狭い思いをすることもなくなったのです。

僕の場合は、自宅の近くにはタイムズカーシェアがあったのでタイムズを選びました。
他にもカレコやdカーシェアなどがあります。 まずは、自宅近くにステーションがあるかカーシェア各社の公式サイトから調べてみましょう。

各公式サイトの上部メニューよりステーション検索できます。

カーシェアの一般的な特徴

どのカーシェア会社にも共通する一般的な特徴です。

カーシェアの一般的の特徴

  • 必要なお金は月額基本料と15分200円程度の利用料のみ

    保険料・ガソリン代・車検等のメンテ代はコミコミ!

  • 入会後に即退会しても違約金は発生しない

    お試し入会も安心!

  • 対人・対物補償は無制限、車両補償は免責額0円

    もしもの事故も安心!

  • 入会が全てWEBで完結し、入力も簡単(3分位)
  • スマホで簡単に予約ができる(変更・取消もできる)
  • 近くにカーステーションがないと使えない

    公式サイトで事前にチェック!

  • 使いたい時間帯に予約が埋まっている可能性がある

    土日だと空いてたり埋まってたりって感じです

  • 車内が汚いことが多々ある

    汚いときはトランクにあるコロコロで掃除!

  • 出発・返却時に1度カースタンドを移動させないといけない

    カースタンドとはハンコみたいなスタンドです
    ちょっと恥ずかしかったり面倒くさかったりします
    ほんの数秒なんですけどね(^^;

カーシェア会社別の特徴とおすすめランキング

ランキング1位 タイムズカーシェア

ステーション数 約10500箇所

時間単価    206円/15分~

月額基本料金  1030円

特徴

最もポピュラーな個人プランのベーシック車種は15分で206円。

月額基本料金が1030円だが、毎月1030円分の無料利用分があるので実質無料。
この無料利用分は繰越不可なので使わなければ消失する。
⇒もったいないから使おうとするのでペーパドライバー化を防ぐという意外な効果アリ

人身傷害補償は、大手カーシェア会社の中で唯一無制限。
(人身傷害補償とは運転手や同乗者の補償のこと)

  • ステーション数が圧倒的に多い
  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約1分前までキャンセル料なし
  • 人身傷害補償が無制限
  • 毎月1030円分の無料利用分がある(繰越し不可)
  • 月額基本料無料の個人プランがない

定期的にカーシェアを利用するなら、トータルでタイムズカーシェアが1番です。

ランキング2位 カレコ【careco】

ステーション数 約1600箇所

時間単価    130円/10分~

月額基本料金  980円

特徴

最もポピュラーなベーシックプランのコンパクトは10分で130円。

月額基本料金が980円だが、毎月980円分の無料利用分があるので実質無料
この無料利用分は繰越不可(タイムズカープラスと同じ仕組みっす!)

月会費無料プランは10分160円と時間単価が割高。
毎月980円分の無料利用分も付かないので、定期的に使うならベーシックプランの方がお得。

ステーションが首都圏に集中しているのが長所でもあり短所でもある。

  • 返却時刻で精算(早く返却した分だけ安くなる)
  • 予約直前までキャンセル料なし
  • 2か月前から予約可能(月会費無料プランは2週間前から)
  • チャイルドシートの常備車種あり
  • 車種ラインナップが豊富
  • ステーション数は首都圏に集中
  • 人身傷害補償の上限が6000万迄(1名)

カレコもタイムズカープラスと同じ位おすすめできるカーシェアです。
免許取得後1年未満は入会できないので注意(T_T)

ランキング3位 dカーシェア

ステーション数 約3900箇所

時間単価    提携先による

月額基本料金  0円

特徴

月額基本料が無料だが、時間単価は割高。
独自のカーステーションは持っていない。
提携先(オリックスカーシェア・カレコ・カリテコ)のカーステーションを利用する。
利用する提携会社により時間単価が違う。

利用会社別の時間単価

  • オリックス:15分220円
  • カレコ  :10分160円
  • カリテコ :15分206円

補償内容や早期返却時のルールなども基本的には提携先会社に従う。

利用会社別の人身傷害補償の上限(1名)

  • オリックス:3000万円迄
  • カレコ  :6000万円迄
  • カリテコ :無制限

利用する提携先会社により時間単価やルールが異なるのでややこしいです
時間単価が割高なので、カーシェアをたま~に利用する人はdカーシェアが向いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る